TOPFIELD REPORT渋いメバリングの時はテトラワークス ウーバーがオススメ!

渋いメバリングの時はテトラワークス ウーバーがオススメ!

佐藤 直樹  

こんにちはソルトスタッフの佐藤です。
冬らしくなったというか、冬なんですが(笑)年明けから、癒しのメバル狙いばかり行っています。

この日もいつものポイントへ…水温がついに11℃とだいぶ落ちました。さすがの東京湾でも水質は超クリア。大潮周りなので、月夜で明るく魚の警戒心も強く。冷たい風がかなり強く水面を叩き、表層を引くプラグからの反応は皆無でした。色々ルアーローテーションをしますが、反応なし。そこでポイントを少し移動して、深場が隣接しているカケアガリのポイントへ
やはりプラグからの反応はなく、そんな時はワームの出番です。基本的にメバルはプラグで釣るほうがゲーム性が高く好きなので、ここぞという時にしか投入しません。今回使用したのはメバルが大好きなブルブルするテールが付いた

『テトラワークス ウーバー』
カラーはグロー系のつぶつぶピンクをチョイス
ジグヘッドは

『テトラワークス スナイプヘッド』
Mサイズ1.0gをメインに使いました。

キャストし、フォールからボトム中心に探っていくと1投目からガンガン当たります。1キャスト2バイト、3バイト!さっきまでの沈黙が嘘の様にアタリが連発しました。風の影響と月夜で表層には出てこないだけでボトムでは活発なんですね。


写真を撮りながら連発していると、同じコースで強いアタリ!合わせるとドラグが鳴ります。やっぱり出てくるかな?と思っていましたがナイスサイズのシーバスです。ここではほぼ毎回メバルに混じってシーバスがヒットします。メバルがバシャバシャ騒いでいると、シーバスの活性も上がるんですね🤔スリリングなファイトで楽しませてくれたのは、62cmのシーバスでした✨


このサイズを掛けてもスナイプヘッドのフックはビクともしません。安心してやり取りができます。

場荒れしてしまったのか?シーバスを釣ったら沈黙。そのまま粘っていると、また食い始めました。

ムラソイ、カサゴと外道も多彩。メバルを10匹キャッチして


『テトラワークス フラフラ』
ハーフピンクUV
最後の〆はプラグで!と投げたテトラワークス フラフラで追加の1尾。
爆風で釣りにくく、寒かったけど楽しい釣行になりました😊

ワームのスイミングの釣りもなかなか面白いし、プラグには出きらない魚をフォローして行くことができます。
メバルのルアー釣り入門にも最適といえるでしょう!
『テトラワークス ウーバー』はメバルに効果的な微波動シャッドテール、オススメです😉

 TETRA WORKS FURAFURA  TETRA WORKS SnipHead  TETRA WORKS UBER

TOP