TOPFIELD REPORT2023この秋…

2023この秋…

大平 正満  

皆さんお疲れ様です。

 

 

ここ福井の秋も色濃くなってきた近況です。リバーの方では本年も異常気象となる猛暑にて水温がなかなか下がりきらずこの秋本番の落鮎パターンもようやくといった感じで動き出してきました。

 

 

 

そしてそこに当てはめるルアーは…

 

 

テリフ DC-15

 

 

 

マキフラット155F

 

 

 

 

コノフラット160F

 

 

 

が大活躍!

 

 

 

テリフDC-15はリバーでは外せないルアー。シャローレンジを得意とするダウンクロスミノー。もちろんアップでも凄くいい働きをします。

釣果を伸ばすキーとしてはオーバーアクションにならないこと。よりナチュラルにアクションさせること。

アップではライン先行にて流速に合わせ流すドリフト…そして流速をやや上回るリーリングスピードにてルアーは加速気味だけどナチュラルにアクションする…みたいな感じで使うといいと思います。

ダウンではテンションかけルアー先行でのドリフト…からのスローリトリーブ…

 

 

こんな感じで攻めていってもらえばいいかと思います。

 

 

 

 

 

そしてマキフラットですが主に水深のあるエリア、昼夜問わずの明暗パターンなどで活躍中。

こちらも

基本はアップにてナチュラルにリーリングドリフト…ダウンではほぼ巻かずのテンションドリフト…

 

とこんな感じがいいかと思います。

 

 

コノフラット160Fですがベイエリアのコノシロパターンなんかで活躍するルアーですがリバー、オチアユパターンでも相性がいいですね。特にふらつくオチアユなんかを意識したシーバス。上流から流し込んでド派手にバフッ!みたいな感じて目で見えるバイトを楽しんでみてください。

 

 

 

 

カラーに関して、DC-15はチャート系、レッドシャイナー。マキフラットに関しては何故か落鮎カラーが年間通して◯、コノフラットはシーバスに対するカラー選択ではなく人間の視認性重視で僕は使います。

 

 

 

 

 

この秋はシャローのDC-15、コノフラット160F。オープンミドルレンジエリアのマキフラットを是非とも楽しんでみてください。

 

 

 

 

 

 

そして先日来年発売予定の面白いルアーのテストも兼ねての取材。

 

 

 

 

 

 

 

詳細の多くは語れませんがこれはかなりヤバいルアーになりそうなので乞うご期待ください。

 

 

 

 

では良きフィッシングライフを👍

 TERRIF DC-15  ROUGH TRAIL MAKIFLAT 155F  ROUGH TRAIL KONO FLAT 160F

TOP