TOPFIELD REPORT夏の深場に落ちたバスを狙い撃つ方法

夏の深場に落ちたバスを狙い撃つ方法

相羽 純一  

暑い夏到来~

夏と言えばシェイドやインレット狙いが

オカッパリアングラーの立ち位置から近く狙いやすい。

私も夏の釣りと言えばシャローのシェイドやインレットの釣りが大好き。

でも、シャローの高水温化、低酸素化 等の理由により

シェイドやインレットでは打つ手無し状態に陥ることもある。

そんな時は少しでも日差しが届きにくく水温の低い「深い」場所を狙わなければならない。

深いところと言えばやはり「池の真ん中」「川の真ん中」ってイメージがある。

やはり沖にぶん投げてストラクチャーも少なく黙々と深い所を狙うパターンは私は苦手だけど

深いポイントが有効になる事も多い。

沖でバスがいるポイントに、またバス目掛けて投げるのは難しく

深いポジションのバスに少しでも気が付いてもらい興味を持ってもらい

バスからルアーの方に寄ってきてもらうのが一番ラクだよね。

シャローよりも水圧が掛かったレンジでしっかり

夏バスの興味を引いてくれるのが

以前にも紹介したリグルクローラーの房掛け仕様。

ただでさえリグルクローラー1本でも扁平ボディーが入り組んだボディー形状なので

動きも波動も出てしっかりバスにアピールしてくれるが3本房掛け!4本でもいいよ~!は異次元波動がバスを魅了してくれる。

そりゃスレバスも気になって寄ってきてしまう。

そしてバイトしてしまう!

3.8インチの房掛けも5.8インチの房掛けもしっかりバイトに持ち込んでくれる。

バイトのほとんどが決まって「ステイ」中。

明らかにバスが遠くから寄ってきてる感じがする。

しかも複数匹で!

夏のディープの釣りにリグルクローラーの「房掛け」を是非試していただきたい!

詳しくは私のYouTubeでも公開していますので

参考にしていただけたら嬉しいです。

↓↓↓画像をクリック(画像にリンクが貼ってあります。)


TOP