TOPFIELD REPORT夏のライトショアジギング開幕!

夏のライトショアジギング開幕!

佐藤 直樹  

ソルトスタッフ佐藤です。
先日、湘南サーフで撮影した動画が公開になりました!撮影したのは6月下旬。今年はちょっと青物の回遊が遅く、プラの段階ではまだちょっと厳しい状況。
例年だとシラスを追いかけてワカシやサバ等が、比較的イージーに釣れるんですが、シラスは記録的な不漁・・・そうなんです。餌がない。だから魚が回遊してきても、あっという間に抜けてしまい、安定した釣果が望めず、なかなか撮影のタイミングが合いませんでした・・でも放送日は決まっていたので、内心かなり焦りながら、海の状況を常にチェック。

そんな中、絞り込んだエリアには沢山のベイトがいる事を見つけ、弱い南風が吹くタイミングで出撃。最初は、朝マズメでポツポツとヒットし、群れが接岸し始めると、砂浜にはベイトが無数に打ちあがり、至る所で青物のナブラが出始め、ショアジギング定番となった『ドラッグメタルキャスト ショット』を軸に、この秋発売予定の『ドラッグメタルキャスト SSブレード』をローテーションすると入れ食い!
腕に乳酸がたまる程、釣れ続くという・・・最高のコンディションになりました。(動画は12分くらいですが・・・3時間近く釣れてました)



ショットで遠投し、広範囲をスピーディーに探って魚を見つけ、ナブラが沈んだらショットを沈めたり、SSブレードで少し変化を付けたアクションでヒットに持ち込みます。また、シーズン初期で魚が小さかったため、ショートバイトにはルアーを15gや20gとサイズを下げて対応、後半はサイズアップを狙い、ルアーサイズをアップする事で一回り大きいサイズを選んで釣っていく・・・そんな内容になっています。下記にリンクを貼っておきますので是非ご覧ください。


夏のライトショアジギング・茅ヶ崎【FISHING DOOR】 – YouTube

この動画はショアジギング入門として、これからルアーで青物を釣ってみたい・・・という方にオススメする動画です。ワンピッチジャークとか、ハンドル1/8ピッチとか・・・難しい事はしていません。初期の青物は投げて巻くだけ、早く巻いたり、沈めて巻く。たまにチョンチョンやるくらい?で釣れます。

初心者の方が青物を釣るために大事な事は・・・
・ルアーが魚の群れ(ナブラ)に届く事。
・巻くだけで泳ぐルアーを使う事。
だから遠くに飛ぶルアーが絶対的に有利になります。そしてリアにブレードが搭載されたショットやSSブレードは、まさしく巻くだけで泳ぎ、フラッシングで魚にアピールするジグ。

メタルジグに悩んだらまずは、後方重心で圧倒的飛距離の

『ドラッグメタルキャスト ショット』がオススメです。

そして、この秋新発売の太軸シングルフックで大物にも対応したセンターバランスのスリムタイプブレードジグ

『ドラッグメタルキャスト SSブレード』は要チェック!(まだ商品紹介ページはありません)

これからひと潮毎にどんどんサイズアップ!秋にはイナダクラスになって楽しめるライトショアジギング、皆さんも是非チャレンジしてみてくださいね!

 Drag Metal Cast Slim TG  Drag Metal Cast  Drag Metal Cast Shot

TOP