TOPFIELD REPORT夏のゲリラ豪雨や台風後には最高のパターンが存在します!

夏のゲリラ豪雨や台風後には最高のパターンが存在します!

相羽 純一  

戻り梅雨来て水不足も少し緩和された状態ではなかろうか。

今の日本は以前と違い気候変動によりなれない天候のサイクルになっている。

違和感だらけの天候。

だけど、本格的な夏到来!

学生の皆さんは夏休み到来!!(祝!!)

 

でも夏と言えば、今の日本では定番となった

 

「ゲリラ豪雨」。

 

突如とくる大雨。

 

こんな時は気温よりも下回った水が流れ込み

 

流れも出てバスは幸せタイム。

 

しかも気圧も一気に下がりローライトに。

 

ゲリラ豪雨中は雷の危険もあるので絶対に釣りはしてほしくないが

 

雨直後はインレットから酸素が豊富な冷たい水が流れ込み

 

涼しさと酸素とエサを求めてデカバスが

 

インレットへと寄って活性が上がる。

 

こんな時に上流から流れてきたカエルを演出できるのが

↓↓↓↓↓↓

大忍虫。

 

エラストマー素材でお腹にもスリットが入っているために

フッキング率も良い。

 

しかも、小忍虫、忍虫同様に「喰わせ浮力」が計算されたワームです。

 

その夏の大雨の後のインレットパターン動画も

 

私の釣りYouTube「フィッシングjチャンネル」にも

 

公開されているので参考にしてほしい。

 

↓↓動画をクリック!(画像にYouTubeのリンクが貼ってあります)

水が流れ込んでいないインレットじゃなく

雨後の流量のある夏のインレットは絶対に狙うべし。

 

雨後は大忍虫でインレット攻略。

 

日中、雨が降らなければヒシモ等の水面まで伸びているリリーパッドをカエルとして攻略に加え

 

オーバーハングのシェイドでBig虫パターンで水面攻略。

 

1つのワームでしかも表層パターンで様々なタイプのバスを楽しく狙うことができるのが

 

大忍虫です。

 

フリーリグなどで沈めても活躍するよ!

大忍虫を私は使用するときは

太軸の#3/0フックにMHロッドに

ラインもフロロカーボンライン14~16lbを使っています。

 

野池アングラーの強い味方!

 

是非試してみてね。

 REALIS 大忍虫(DEKANINMUSHI)

TOP