TOPFIELD REPORTプレートバイブで極太シーバス

プレートバイブで極太シーバス

荻野 憲司  

またまたデイのリバーシーバスレポートです

気温、水温、天候ともに安定せず、
まだまだ気難しいシーバス

あの手この手で探るも
無の時間が延々と続く…

干潮間際、ギリギリの水深まで前進し
さらに遠投性重視で
プレートバイブ20gにチェンジ

いままで届かなかった岩礁帯にアプローチすると
1投目でドスンと♪

ドラグフルロックで根から強引に引き剥がす。

 

 

黒くて太くて筋肉質な素晴らしい個体
一等地にはやっぱり強い魚が付いてますね^ ^

 

プレートバイブ20g(ピンクイワシ)

 

根掛かりリスクが高く、パワーが必要なエリアには
シングルフック仕様がオススメ

これから夏に向けて水温が安定すれば
日中でもエサを求めシャローエリアに入ってきます。

ハクや稚鮎、小さなハゼを捕食しているので
プレートバイブで最も軽く小粒な10gの出番が多くなると思います。

サイズ、ウエイトのバリエーションが豊富なプレートバイブは
様々な状況、フィールドに合わせることができます。

そしてさらに今シーズン
ロングが加わります。

 

強烈なフラッシングと波動で
アピール力はピカイチ

港湾やオフショアで活躍してくれそう♪

こちらもご期待ください^ ^

 

Metal Garage PLATE-VIB LONG

 

 


◆随時更新中◆
 Metal Garage PLATE-VIB

TOP