TOPFIELD REPORTリグルクローラーの威力

リグルクローラーの威力

継野真紀  

冬の訪れを感じる今日この頃。

琵琶湖南湖も気温が下がり、水温が低下する中

南湖水温が13℃~15℃台と安定し出しました。

そのタイミングで、バスはミドルレンジ(3m~3.5m)に

生育するカナダ藻にバスは例年溜まる傾向があります。

カナダ藻もいろいろな形がありますが

カナダ藻とカナダ藻の隙間に道があり

その隙間が魚の通り道になります。

その通り道に、ベイトが溜まっている場所にリグルクローラーをキャスト。

中空テールの力を活用し、ゆっくりと倒れこむタイミングで喰わせるスタイルになります。

リグは、リグルクローラー5.8インチ

ネコリグ、ネイルシンカー0.9gを使用しています。

キャスト方向は図1を参考に北面から南面へキャスト。

湖流が北から南へと流れている為、魚は湖流の流れる方向の北面に顔を向けている為、

魚の後ろから前にリグルを追い喰いさせるイメージで捕食させます。

(図1)

 

キャスト後、南から北へアクションしながら巻いてくるスタイルになります。

アクションはキャスト→フォール着底後、10秒ステイ→2アクション→7秒ステイ→2アクション→7秒ステイの繰り返しでバイトを多発させることが出来ました。

リグルクローラー5.8

カラー スカッパノン

リグルクローラー5.8

カラー グリパン/ブルーフレーク

 

是非、カナダ藻エリアを見つけて頂き、魚の通り道を探してみてください。

 REALIS WRIGGLE CRAWLER

TOP