TOPFIELD REPORT大ニンムシのフリーリグ激ハマり

大ニンムシのフリーリグ激ハマり

古川 仁志  

   
皆さん、こんにちは!
   
   
取水塔が稼働し半月以上経過した入鹿池ですが、多少降雨での増水もあり、現在は満水から1メール強の減水状態となっています。
   
   
最近は、アフター回復系の個体もかなり増えて来ており、アラバマ系リグやクランクでの釣果も僅かですが耳に入るようになって来ました。
   
   
このように、早めな横の動きに反応する個体もいる反面、まだまだ早い動きには反応せず、水面付近に浮いている小さなワカサギを捕食している個体が多くいます。
   
   
これらのバスは、日によっては盛んにボイルし、水面でワカサギを捕食していますが、なかなかにセレクティブで容易には釣れません。
   
   
その他に、まだスポーニグ終わってから間も無く、比較的ゆっくりとした動きにしか反応しない状態の個体もまだ多くいます。
  
  
このようなバスの目線は下に向いてる事が多く、スローに誘うと良いのですが、この釣りにハマるのが、大ニンムシ(ライトタックルでのニンムシ、小ニンムシでも良いですが・・)のフリーリグですね!
  
  
ポイントとしては、バスのスポーニングエリアとなるような場所でギルネストが多くある場所➕水通しの良い岬状の地形➕ハードボトム、このような条件が多く重なると、アフター、アフター回復系、ギルネスト狙いのバスと、いろんな状態のバスが入って来るので、かなり釣れる確率が高くなります。
  
  
最近では、大ニンムシで釣れると比較的サイズの良いバスが釣れる傾向もあり、完全にメイン展開のルアー&リグとなっていますね♪
  
  
タックルの方ですが、ヘビークラスのロッドに、ラインはフロロの16ポンド、フリーリグ用のシンカーはお好みでいいと思いますが、私はシャローからディープまでウェイトを変えることなく使えるため9グラムを使用しています。
  
  

   
   
フックはワイドゲイブの#3/0(写真はキロフックワイド)を使用し、針先を隠さず、途中を薄皮一枚通す感じでリグッてます。
  
  
実際には、テキサスやリーダーレスダウンショットのような感じで使ってますが、フリーリグの良さを生かすため、必ずキャスト後は、ラインを送り出し、シンカーにつられて沈んで行った浮力の高い大ニンムシがボトム付近で漂うようにしばらく放置しています。
  
  
先日の59cmは、キャストしてファーストフォール後の放置でヒットしました。
  
  
ズル引きしている間の、スタックを外した瞬間なども、同様に直ぐにロッドを倒してラインのテンションを抜きしばらくステイさせるようにすると良いですね!
  
   

  
   
釣果の方ですが、16日に、大ニンムシのフリーリグメイン展開で、57センチ頭に6本キャッチ!
  
  
18日には、手漕ぎボートで4時間の短時間出撃!!
  
  

   
   
59cmを頭に50前後3本混じえて6本を、同じく大ニンムシのフリーリグメイン展開でキャッチ!
  
   

   
  
そして今日も、手漕ぎボートでの短時間出撃で、大ニンムシのフリーリグで51センチをキャッチ!
  
  

   
   
ほとんどのバスが一瞬で大ニンムシを丸飲み、、皆さん飲みまくりです(^^;;
   
   
前回に投稿した釣行日から、毎回大ニンムシに助けられて、50upをキャッチできています。
  
  
もう少しの間は、大ニンムシパターンで釣れると思いますので、釣行の際には必ず持って行って下さいね♪
  
  
それでは、皆さん良い釣りを!!


TOP