TOPFIELD REPORTフリッパーZで鹿島灘を攻略

フリッパーZで鹿島灘を攻略

飯島一貴  

亜鉛素材フリッパーZの強み

 

 

 

 

 

 

一般的なメタルジグは鉛やタングステンで出来ていますが、ビーチウォーカーのフリッパーZは亜鉛素材で出来ていて鉛より軽い。

その為同シリーズのフリッパー32.40に比べてサイズが大きくボリュームあるボディーになっているのがフリッパーZ24.36.42の3機種です。

シャローエリアでも浮き上がりが良いのでスローな誘いが可能です!

ホームである鹿島灘は遠浅サーフが多くフリッパーZの出番がとても多いエリアです。春先の釣行でキャッチしたヒラメは全てフリッパーZでした。

 

 

 

 

 

 

 

写真はフリッパーZ36の新色UVカタクチでキャッチした50アップ!

 

流れが効いてるポイントでロッドを立てデッドスローでたまにロッドアクションさせたりするとHITするパターンが多いです。横風が強い日にもラインスラッグを上手く使えばかなり有効です。

ボリュームあるボディーが水の抵抗を受けやすくスローに引いてもアクションして引き抵抗がありルアーの位置を見失う事なく操作出来ます。

シャローエリアや風が強い日にはオススメ出来るルアーとなっています。

新色(UVカタクチ、UV RHホロ)2色を加えて6月発売予定となっていますので試してみてください。

 

 

 Beach Walker Flipper Z36

TOP