TOPFIELD REPORTノマセギルシャッドが絶好調な訳

ノマセギルシャッドが絶好調な訳

西島 高志  

皆さんこんにちは。

 

花粉 黄砂が酷く近くの岸すらボケて見える湖北エリアです。

 

琵琶湖釣行の際はこの辺りの対策も万全にしてお越し下さいませ…

 

さて、ここ最近の長浜エリア。

 

レアリスノマセギルシャッドが絶好調なんです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ガイドでもしっかりと結果が出ており数々のビッグサイズが出ています。

 

 

湖北のバスとギルの関係は南湖とは違い捕食対象ではなく水中ではお互い知らん顔なんです…

 

しかし、春のこの季節だけはDNAが働きギルを攻撃対象にします。

 

その理由がネストのタマゴを食べてしまう厄介者がギルだからです。

 

したがって、レアリスノマセギルシャッドをアクションさせるとバスは狂った様に襲いかかって来る訳です。

 

レアリスノマセギルシャッドに装備された小さなシャッドテールが絶妙なアクションを発生し、まるで小ギルが目の前をチョロチョロしてる(笑)

 

そんなリアルなアプローチが可能!

 

一度お使いいただければ一目瞭然で、成る程!と理解出来るかと思います。

 

フックの刺し方はレアリスノマセギルシャッドの鼻の部分に装備されたフックアイに取り付けるも良し写真の様に頭付近にチョン掛けでも良し。

 

 

フックアイに取り付けた方がテールの動きがハッキリします。

 

根がかりや状況次第でフッキングに難がある場合は頭に刺した方が良いでしょう。

 

いろいろなアプローチをして反応が全く無い状況でレアリスノマセギルシャッドを入れたら連発!!

 

これは使わない理由が見当たらないですね(^^)

 

是非お試し下さい!

 

レアリスノマセワカサギのスイミングも状況に合わせてお使いいただければ良い結果が出ますよ!

 

 

皆さんの良い釣果を期待してます!!


TOP