TOPFIELD REPORT寄せと食わせのブレンドミノー!タイドミノースリム175!

寄せと食わせのブレンドミノー!タイドミノースリム175!

橋本 康宏  

タイドミノースリム175

私が10代の頃、河口でコノシロに絡むシーバスを狙うもなかなか反応が得られない日々。釣具屋さんにて「某河口のコノシロに付いてるシーバスが釣れない」と嘆いていた時に、「これ使ってみて」とオススメして頂いたのがこのタイドミノースリム175。

当時は見慣れないサイズ感に、釣れるの?と疑問を抱いたものの、その晩河口でキャストを繰り返すとあっさりとシーバスをキャッチ。他のアングラー様にお話を伺うと175スリムを所持している方が多く、実績による高い支持がありました。

その後大阪に居住していましたが、秋の大阪市内河川で高層ビルを前に175スリムでシーバスをキャッチした記憶が残っています。

そして昨年、ついに再生産されたタイドミノースリム175。リニューアルモデルはリップの素材を変更し、折れにくい仕様になっています。これにより磯での障害物周りでも強気で攻めていけますし、ボトムノックといった使用法にも耐えれます。

長さはあるものの、完成されたバランスで綺麗な姿勢で飛び、振り抜けも軽快です。

17.5cmという長さの視覚的アピール、細身による見切られにくさといった、寄せと食わせの要素が丁度よくブレンドされています。

北のマス類やシーバス、サーフ、磯、ボートでのサワラゲーム、オオニベ等でも使用されており、使用シチュエーション、ターゲットを選びません。

鋭い歯がある(サワラ、オオニベ等)ターゲットにはルアーの長さがある分、歯の接触によるリーダー切れ防止にも役立ちます。

私はシーバスとサーフでのヒラメ狙いで使用しています。

河口や港湾でのコノシロパターンはもちろんですが、河川でのデッドスロー引きにも対応しています。

深めのレンジを泳いでくるので、足場が高いエリアでの使用にも適しています。

そしてヒラスズキ!こちらは河口が絡むサーフでキャッチしました。

スローリトリーブで岸沿いギリギリの所でひったくるバイト!興奮しました。

フラットフィッシュ狙いでも175スリムは大活躍!

薄暗い時間帯にヒットしたマゴチ。

60センチ近いいいマゴチでした。

もちろんヒラメも!

こちらのヒラメは40センチ程ですが、長さはあるものの食べれそうなボリュームの175スリムはサイズ、魚種問わず魅了してしまうようです。

タイドミノースリム175は、使い手次第でスローリトリーブから早巻き、ジャーキング等色々な使用に対応しますが、サーフのフラット狙いでオススメの使用法はただ巻きです。ただ、手元にブリブリと泳ぎが伝わってくるスピードですと、早く巻きすぎの場合があります。

手元にルアーの泳ぎがブリブリと伝わってくる巻きスピードから、徐々に速度を落としていき、ブリブリ感が手元に伝わってこなくなる辺り!

この巻きスピードが経験上、一番魚の反応を得ているので、ぜひお試し頂きたいと思います。ブリブリ感がなくてもルアーはしっかりと泳いでいますのでご安心ください!

 

巻きスピードに意識しつつ瀬周りを攻めているとガツン!とヒットしたヒラメ!ミノーへのバイトは気持ちいい~!

日中の外洋の釣りでは新色の「UV銀ピカベイト」がヤバイ。。。。。

遠浅サーフのヒラメ狙いで使用する場合は、穏やかな海況での使用がオススメですが、潮位が低い時間帯であれば、波高1.2m辺りまででしたら十分狙えます。

発売されてから高い支持を得ているタイドミノースリム175!きっと思い出に残るいい魚を引き出してくれます!ぜひお試しください!

 

 

 

 


TOP