TOPFIELD REPORTバーニー小技編

バーニー小技編

萩原トオル  

今日の #アジング小技はバーニー編です♫

扁平ボディのバーニーをPic.1,の様に #スナイプヘッド をセットして使ったこともある方も居るのでは無いだろうか?
このセッティングの狙いは⁉️
ズバリ‼️横からの流れを受ける面が増えるのでドリフトがし易くなる。
ん?ツインテールが切れてない⁉️と思った方も居ますよね?そうです。切ってます。
なぜ切るのかと言うとフォールさせた時に下側のテールが上のテールに干渉しピロピロピロロン♫感を損なわない様にするためにあえて切ってます。
更に切った事により下側のカットされたテールはより微波動を出してくれちゃったりもします🤩✨
勿論、2本残したまま使ってもOKですが…アジは1本半の方が好きみたいですね💦

さっ!小技というか…このセット方法で注目するポイントは⁉️

 

Pic.2,
フックポイントをセンターにさしてスナイプヘッドをセットした場合です。
横広のバーニーボディだとゲイプの幅が少し狭く感じませんか?
赤いラインがセンターラインです。

 

 

Pic.3,
センターラインよりも上でスナイプヘッドをセットした場合。

Pic.4,
同じスナイプヘッドを使ってもここまで幅が変わっているのが一目瞭然ですね!
ここが今日のアジング小技ポイント‼️
全てのワームでセンターラインに沿って素直にスナイプヘッドをセットする必要はない‼️🙄👍と…僕は思う。
要するに…創意工夫ってわけですね♫
このセット方法が決して正解とは言えない場合もあるので状況によって臨機応変に使い分けましょう🙇‍♂️

 TETRA WORKS React  TETRA WORKS Burny  TETRA WORKS SnipHead  TETRA WORKS Chop  TETRA WORKS Pipin

TOP