TOPFIELD REPORT北海道の渓はすでに秋

北海道の渓はすでに秋

石川 学  

今日現在、残暑がまだまだ残る北海道。

先日、大雨による濁りと増水であえなく撤退してきた渓にヤマメを求めて再度行ってきた。

産卵という最大のイベントを催すために、彼女らは増水すると一気に最上流部に上り詰めるのだろう。

少し前までに居たヤマメたちの姿が見えず、代わりにエゾイワナたちの猛攻にあってしまった。

午後からの釣行とかなりのんびりとしすぎたため、今日は姿を拝めないのかな…と諦めかけた最後のポイントで彼女(♂)はRYUKIを襲った。

それはすでにサビが浮かんだまるで晩秋の個体のような雄の9寸ヤマメであった。

季節は確実に進行している。

自分の身体は大汗をかきながらも、時折吹く風と最後に出会えたヤマメの姿に秋を感じた一日となった。

 

追伸:今年の夏もRYUKIはたくさんの渓魚たちに会わせてくれた。いつもありがとう。そんな渓魚たちの写真を紹介したい。

【使用タックル】

ロッド:D-3CustomLures・Blakiston BKT-408UL他
リール:SHIMANO・19VANQUISH C2000SHG他
ライン:SHIMANO・PITBULL PE 0.8号他
リーダー:VARIVAS・TROUT SHOCK LEADER FULOLO 10Lbs他
ルアー:SPEARHEAD RYUKI 38S・45S・50S・60S
アウトフィット:Foxfire、KAID

 SPEARHEAD RYUKI 38S  SPEARHEAD RYUKI 45S  SPEARHEAD RYUKI 50S  SPEARHEAD RYUKI 60S

TOP