TOPFIELD REPORTDUO 新ブランド 「MetalGarage 」登場!

DUO 新ブランド 「MetalGarage 」登場!

佐藤 直樹  

2020年の新製品。フィッシングショーでも注目を浴びたDUOの新ブランド「MetalGarage」シリーズがリリースされ、店頭に並び始めました。
もう使って釣果を出して頂けた方もいるかと思いますが

第1弾 「プレートバイブ」

第2弾 「プレートジグ」
の2タイプがリリースされています。どちらもステンレス製のプレートで耐久性があり、ぶつけても腐食に強い仕様です。
プレートバイブは10g, 15g, 20g, 26gの4ウエイト。
プレートジグは15g, 20g, 30g, 40gの4ウエイト。
シチュエーション、対象魚種によって幅広くお使い頂けるシリーズとなっております。

先日、夏の小型青物がシーズンインした私のホームグラウンド神奈川県 国府津サーフにて、三重テレビ ルアー合衆国プラスの撮影を行ってきました。
今年のワカシは数はそこそこ出ていますが、例年より小型が多く、ジグサビキや小型のメタルジグが強く、やや強行?と言った撮影です。

当日は、プレートジグ15、20、30をメインにローテーション。ナブラやベイトの群れを狙い撃ちながら、回遊する青物を狙いました。
プレートジグは後方重心でプレートベースのボディは空気抵抗が少なく、メタルジグに匹敵する飛距離と、メタルジグよりも巻きで強く泳ぎます。2つのトリプルフックはメタルジグには追い切れない魚をヒットに持ち込む事ができます。
つまりメタルジグのメリット(飛距離)とプラグ(泳ぎ)のメリットを両立させたルアーと言えるでしょう。巻き抵抗も軽く、ただ巻、リフトアンドフォール、ジャークを交えたリアクションの釣りとアングラーのロッドワークに機敏に反応してくれる非常に使い易いルアーでしょう。

下記にルアー合衆国プラスの動画のリンクを貼りますので、もし宜しければご覧下さい。国府津サーフは神奈川の激戦区と言われるエリアです。このエリアで、ルアーでオオモンハタが釣れたという話はほとんど聞いたことがありませんでした。しかも42センチという良型。

そんなオオモンハタというスペシャルゲストを釣ることが出来たのも、プレートジグのメリットがあった事が大きいと言えます。沖のナブラの下の2mレンジへフォールから巻きに変わった瞬間の強いバイト。
ジグでは食わせられない魚を獲れるルアー。これは間違いなく武器になります。是非皆さんも使って見てくださいね!

👇🏻👇🏻リンクでYouTubeへ飛べます👇🏻👇🏻
【ルアー合衆国プラス】ショアジギングシーズン開幕!?ニューブランド「メタルガレージ」初夏サーフ釣行!
☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻☝️🏻


『MetalGarage発売記念キャンペーン』もお見逃し無く!

 Metal Garage PLATE-VIB  Metal Garage PLATE-JIG

TOP