TOPFIELD REPORTノマセワカサギチューン その3

ノマセワカサギチューン その3

古川 仁志  

   
前回は、ブレードをセットして使う簡単なチューニングをご紹介しましたが、今回はその延長線上でのチューニングをご紹介させて頂きます。
   
   
今回は i 字系で使うためのチューニングで、セッティングの仕方は超簡単!!
   
※ i 字系でも、フワーっとさせてスーっと引く感じではなく、もう少し早く引く感じですのであしからず。
   
   

   
   
前回のブレードチューン時にフックをセットしていた位置から、フックをセットする位置をズラすだけで、フックが目の尻尾寄りの端辺りになるようにセットして頂ければOKです。
   
※アクションの加減を見ながら、位置を調節してみて下さいね。
   
   
YouTubeに動画をアップしておきますので、アクションを見たい方は、下記のアドレスをクリックして下さい。
   
   

   
   

   
   
マスバリやネコリグ用のフックではなく、このような形状のフックを刺してアイの位置が目の直ぐ上になるようにも試してみましたが、アイポジションが高い方がスイム姿勢が安定するようですので、ネコリグ用のフックを使って頂ければ結構です。
   
   
この使用法では、ノマセワカサギのスイム姿勢は水平になり、ノンアクションでブレードのみが回転し、比較的早いスピードで引く事ができますが、ジャークや巻きスピードを加速すると、その瞬間にボディーをブルブルッと震わせるので、まさに小魚が脱走するアクションを演出する事ができます。
   
   
小魚が脱走する時の動きを見た事がある方は分かると思いますが、逃げる瞬間はブルブルッと素早く尾ビレを動かしますが、ずっとそのまま尾ビレを動かしている訳ではなく、ブルブルッ → ピューンッっと瞬間的に動かす感じで、『ピューンッ』の時は、体はほぼ動いてないんですよね。
   
   
表現が難しいですね・・^^;
   
   

   
   
ブレードが回転が邪魔で、もっとナチュラルな i 字系を求める方は、腹部のアイにブレードではなく、フェザーフックやティンセルを巻いたフック、ラバーを巻いたフックなど、何か水の抵抗を受けるものを付ければ、i 字系として使う事ができますので、気になった方は是非一度お試し下さいね!
   
   
※腹部にフックを装着する時は、ノマセワカサギチューン その1で説明したような感じで、ネコリグ用のフックを刺す目の上の部分にアイを作って使用して下さい。
   
   
こちらもYouTubeに動画をアップしておきますので、アクションを見たい方は、下記のアドレスをクリックして下さい。

   
   
3回に分けてご紹介させて頂いた、ノマセワカサギのチューニングですが、通常の使い方も含め、一つのルアーで多彩な使い方をする事ができるで、陸っぱりする方など持ち物を減らしたい方には重宝するのではないでしょうか??
   
   
まだまだアイデア次第ではいろいろ使い方ができそうなノマセワカサギですので、自分だけのチューンも試して釣って頂けたらと思います。


TOP