TOPFIELD REPORTTETRAWORKS 新製品 アジングロッド リアクト55

TETRAWORKS 新製品 アジングロッド リアクト55

萩原トオル  

サクラも散り新緑が綺麗な今日この頃・・・。

すかっと晴れたこの時期の空を見るのが好きな僕です。

 

さて、今回は6月にリリースされる テトラワークス アジングロッド【リアクト55(テクニカルモデル)】について説明してい行きたいと思います。

このロッド【リアクト55】のコンセプトは「豆アジングを楽しめるロッド!」これです。

豆アジングはテクニカルで奥が深い釣りで、豆アジからのバイトがあるのにフッキングまで持ち込めない・・・。なんて体験をされた方も多いのではないでしょうか?どこにでもいる豆アジだからこそ、その豆アジをより楽しんで釣りをしたほうが絶対に面白い!そういった思いを込めて作ったモデルとなります。

ではどんなロッドバランスになっているかを説明していきます。

 

写真のように全体的に曲がるブランクスを採用し#6ガイドまで綺麗なベントカーブで曲がってくれるようにブランクスを設計しました。

ブランクスはカーボンチューブラーを使用し#1を低弾性で綺麗に曲がるように24tを採用・#2には#1の曲がりを邪魔しないように中弾性で30tを採用してあります。

これは小さな豆アジの引きでもロッドがしっかりと曲がってくれるためアジとのやりとりを十分に堪能できるようにしたかった。但し、全体が曲がりすぎてしまうとキャストした時の振り抜きのダルさと感度が無くなってしまうため曲がりながらもしっかりと芯が残るようなシャープさを兼ね備えたバランスに仕上がっています。勿論、想定外の大型がヒットした時はバットがしっかりとサポートしてくれるのでスリリングなやり取りも味わうことができます。

それと吸い込みの弱い豆アジのバイトでもサポートしてくれる24tソリッドティップ。こちらは【リアクト50】と比べると40mm全長を伸ばしてあります。この40mmが豆アジングにとっては重要な事でより微細な吸い込み・違和感もティップが感じ曲がってくれるようになっています。

ロッド自重は38gとなっているので1日アジングをしていてもロッドの重さを感じずにアジングが楽しめるようになっています。もちろんグリップ周りは今までのリアクト同様に余分な部分をそぎ落とした軽量・感度を追求したスケルトングリップとなっている。リールのバランスは150gクラスの小型のリールを使っていたけると写真の様に一番しっくりとバランスをとることが出来るのでお勧めしたい。

20cm前後のアジ釣りもとても快適に楽しめるロッドになっているので是非このロッドで楽しんで頂きたい!

 

 TETRA WORKS SnipHead  TETRA WORKS Pipin  TETRA WORKS Chop  TETRA WORKS Burny  TETRA WORKS React

TOP