TOPFIELD REPORTノマセワカサギのスパイベイトチューン

ノマセワカサギのスパイベイトチューン

古川 仁志  

皆さん、こんにちは!
   
   

REALIS NOMASE WAKASAGI


   
   
   
今回は、ノマセワカサギの古川流チューンのご紹介という事で、ノマセワカサギ発売前からいろいろと模索していた方法の一つをご紹介したいと思います。
   
   
通常のノマセワカサギの使用法としては、純正で最初から内臓されているアイにフックやスナップなどをセットして使うリフト&フォールや、通常のバイブレーションプラグと比べナチュラルな波動で誘うただ巻きなどですが、今回はノマセワカサギをスパイベイティング用のルアーとしてチューニングする方法をご紹介します。
   
   
このチューン、発売前から思い付いてはいたのですが、今期ウィンターシーズンの入鹿池がスパイベイトには条件が合わず釣果が伴っていない事や、軽いキャストでは大丈夫なのですが、フルキャストで何度かノマセワカサギがぶっ飛んでいきロストしているので、公開するのを躊躇っていたのですが、いろいろなと方法を試して解決法を思い付き、試してみたところ好感触だったので、今回公開させて頂きます。
   
   
   
   
まず準備して頂くのは、2.5g程度のネイルシンカーとステンレスバネ鋼線(私は1ミリ径を使用)、ワッキー用のフック、作業に使う先の細いペンチ。
   
   

   
ちょっと面倒ではありますが、ノマセワカサギの内部に埋め込むため、ステンレスバネ鋼線をこのような形に加工します。
   
   

   
曲げた所をノマセワカサギの背中のアイに引っ掛け、製品にはない口先にアイを作ってしまうチューニングですので、現物に合わせ長さを決めます。
   
   

   
口先のアイは内部に埋め込むので、ハミ出さない長さにして下さい。
   
※横から見てピッタリ合うように、頭部の形に合わせ少し曲げると綺麗にセットできます。
   
   

   
バネ鋼線を曲げて準備ができたら、ペンチでつかんで口先からブスッと差し込みます。
   
   

   
目の下側を通すと顔がかなり歪んでしまうので、目の上を通して行き・・・
   
   
   
背中のアイに曲げた部分を引っ掛け、口先に側に引っ張ってしっかりロックさせます。
   
   

   
口先の中にアイが来るように顔の形を整えます。
   
   

   
口の中にできたアイに下からフックを刺して、チョン掛け状態にすれば、フックセットは完了です。
   
   
   

   

   
この作業が面倒という方は、コの字型に曲げたバネ鋼線を口元に横から差し込み、バネ鋼線を跨ぐようにフックをチョン掛けしても良いです。
   
   
しかし、何もしない状態でチョン掛けするよりはキャスト時に外れるリスクは少ないですが、どうしてもフルキャストを繰り返すとキャスト時に外れてしまう場合があります。
   
※今回のチューンでも完璧という訳ではありませんので、あくまでも自己責任でお願いします。
   
   
フックをチョン掛けした状態で、フックポイント側にシリコンストッパーなどを瞬間接着剤などで接着してみても良いかもしれません。
   
   
   

   
あとは、このような位置になるよう、ネイルシンカーを挿入します。
   
   

   
ワームと違いエラストマー素材なので多少刺しにくいですが、頑張って刺して下さい。
   
   

   
挿入後の状態です。
   
   
この状態でリトリーブすれば、テールを振りながらロールするアクションとなります。
   
   
アクション動画をアップしておきますので、気になった方は見て下さいね!
   
   

   
   
   
これではアクションが強いと思う方は・・・
   
   
テイルにブレードをセットすれば、ブレードの抵抗でボディーの動きがある程度抑制され、絶妙なアクションになり、ブレードの波動とフラッシングもプラスできます。
   
   

   
   

   
自分でバネ鋼線を曲げて作っても良いのですが、手っ取り早く使えるものが、ザップさんのカチッとブレード。
   
   

   
   

   
コレをテールの中心に刺して使えばOKです。
   
   
アクションを若干強くしたい時は、ブレードのサイズを小さくすればアクションが大きくなりますので、好みのブレードのサイズで使って見て下さい。
   
   
ブレードをセットした状態のアクション動画です。
   

   
   
   

   
   

   
ちょっと見栄えは悪いですが、ネイルシンカーではなく、クイックチェンジャータイプのシンカーをダイレクトにボディーに引っ掛けると、ボディーのロール軸から外れたところにウェイトがあるため、ロールしたくてもロールし難い状態になり、プルプルプルッというような感じの小刻みなロールアクションで、意外とナチュラルなアクションをしてくれますので、こちらもお試し下さい。
   
   
クイックチェンジャータイプシンカー使用時のアクション動画です。
   
   
その1
   
   

   
   
その2
   
   

   
   
   
ノマセワカサギのスパイベイトチューンのメリットとしては、スピンベイトでは引っ掛かりが多い、入鹿池の岩盤エリアでボトムを舐めるようにゴリゴリ擦り付けながら引いてもほとんど根掛かる事なく、かなりストレスなく使えること。
   
   
スピンベイトでも同じように使えるのですが、上手くコントロールしないと引っ掛かる事が多く、外すのにもコツが要りますが、このリグだと引っ掛かっても軽くロッドを煽ればほとんど外れて来るため、コントロールに気を使わなくて済みます。
   
   
リザーバーなどの立木や、ウィードエリア等はまだ試せていないので、どれ程回避しながら引く事ができるかは分かりませんが、かなり根掛かりを回避してくれそうなので、重宝しそうな気がしています。
   
   
エラストマー素材が様々な使い方を可能にするノマセワカサギ。
   
   
他にも、いろいろな使い方がありますので、また次の機会にご紹介させて頂きますね♪


TOP