TOPFIELD REPORT春の風吹く琵琶湖南湖❗️❗️

春の風吹く琵琶湖南湖❗️❗️

石黒 拓磨  

三寒四温と春は言われますが、その温かな日にはもはや汗をかいて釣りをしている、どーもタク石黒です♪♪♪

 

ここ数日は雨の日も多くなってきました!

私的にはこの雨を待ってました!

3月に入ってからの雨はどんどん春に向かっていく大切な雨なんですよ!

シャローにも濁りが入りやすくなり、バスがシャローへと動く大切な変化ぎ雨からの濁り、そしてシャローへ! というのが春の流れ。

雨が降るとまだ寒いなぁ… と思ってしまいますが大チャンス到来が近くなるので実はアリアリですよ♪

 

さて、そんな最近の琵琶湖南湖の状況ですが日に日にバスが釣りやすくなってきましたね〜!!

冬はバスの固まる場所、さらにベイトがリンクしてルアーチョイスが当たって初めてバイトに繋がると難しさ満開ですww

ここ最近ではそれが緩み始めて、バスがかなり移動し始めました。

深い場所から浅場近くへ。

オカッパリでも深場が近い場所、ミオ筋、などバスがシャローへと移動するルートがある場所では釣れ始めてます! オカッパリでロクマルゲットの話もチラホラ聞き始めてきました!

ボートでも深場から浅場へのバスが動きが強く、今は深場から浅場へ上がるブレイクにポジションをとるバスがかなり多いです。

そんなバスを狙いを定め釣りをしていますが良い釣果です。

ブレイクに付くバスはエサを食べる時はシャローへ上がり、普段は少し深めにポジションを取る行動が多く、使うルアーもしっかしセレクト出来るので後は狙うだけということがしやすいです。

 

まず、去年の秋からずっと好調なのがブースターウェイク3.5inchを使ったアラバマリグ!!

最近もさらに好調でかなりの釣果を出してくれます!

 

 

1日に2度ダブルヒットをしたゲストさん♪♪♪

しかもデカイww

これもベイトに付いた複数匹のスクールを直撃で狙うとこんな激アツな釣果もついてきます!

 

さらに最近激アツなのがコレ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レアリスジャークベイト100DR

ボディーサイズがちょうど良くバイトが出ると丸呑み状態で釣れてしまうこれから春には欠かせないルアーです!

使い方もめちゃ簡単!

巻いて止める「ストップ&ゴー」が基本だからリールを巻いて止めるの繰り返し作業だからハードルアーと基本を逆にこのルアーで学べてしまうかなり優れものルアーなのです♪

私がやるちょっとしたテクニックはキャスト着水後にハンドル5〜6回転させて一気に潜らせます。

そこからストップ&ゴーを繰り返すのですが、巻いて止める時に軽くワンジャーク入れてから2秒止める。 これで食わせの間を取る前にルアーを踊らせる事が出来るのでアピール感も良いですよ♪♪♪

基本動作にちょっとした事をプラス。

これが良く釣れるキモになるので覚えておいて下さいね〜!!

さあ、これから始まる春爆の前にしっかりタックルも揃えて準備万端にして挑みましょう♪♪♪

 


TOP