TOPFIELD REPORTクリアな水質にはレアリスノマセワカサギ!

クリアな水質にはレアリスノマセワカサギ!

西島 高志  

皆さんこんにちは。

3月8日は僕が代表を務めるトーナメントチームNSBAの開幕戦でした。

このNSBAというチームは長浜スロープを利用する仲間たちの集まりで釣りうま集団!

今回もクリアな水質に悩まされながらシャローメインにミドルまでをレアリスノマセワカサギのスイミングとジグヘッドスイミングをレンジ別に使い分け釣って行きました。

4バイト3フィッシュでなんとかリミットメイク達成出来勝ちを意識しましたが上には上が居るもんでラスト1時間前にキングサイズをキャッチしたアングラーが見事優勝。

僕は5キロ超えで2位となりました。

透明度の高い水質に対して無理に小細工するよりはレアリスノマセワカサギの様なナチュラル系ルアーのスイミングが最も効果があると思います。

ワームやプラグを止めるよりは動かし続けるスイミングがバスに対して違和感なく口を使わせやすいのです。

4月後半から5月にかけて濁りが入りやすい琵琶湖ですが、それまでは比較的クリアな水が多い状況が続きますので、そんな時はレアリスノマセワカサギのスイミングを是非お試し下さい^^


TOP