TOPFIELD REPORT厳寒期のライトタックルゲーム

厳寒期のライトタックルゲーム

高木 孝  

厳寒期を迎えてソルトルアーターゲットの少ない季節を迎えていますが、ビーチウォーカーマニックシリーズが活躍するバチ抜けシーバスゲームを楽しめる季節を迎えています。毎年新色が追加されるビーチウォーカーマニックシリーズですが、今シーズンの新色はどこかで見たようなカラーだと感じたのですが・・・・ビーチウォーカーシリーズで実績のあるカラーですね。

毎年恒例のバチ抜けシーバスゲーム、私の住むエリアでは花粉の飛散が聞かれる頃になるとバチと呼ばれるゴカイ類を意識したシーバスの釣果が聞こえてきます。夜の誘惑と花粉を我慢できれば比較的釣果に恵まれやすく良い日に当たれば数釣りを堪能できる癒しの釣りのため是非挑戦してみてください。

バチ抜けシーバスゲームで使用するビーチウォーカーマニックシリーズは、75~135までのサイズがあるため使い分けることが釣果に繋がります。カラーによる差も大きいだけに迷ってしまいますが、カラーバリエーションは豊富ですのでお気に入りのカラーを探してみてください。

厳寒期のターゲットといえば、メバルも代表的なターゲットです。メバルと言えばナイトゲームと感じますが、条件さえ揃えばデイゲームでも狙うことができます。私の狙い方は、水深がありシェードができるポイントにアジング用ワームのピピンをキャストしてスローなリトリーブとフォールアクション、日中にメバルが釣れるなら夜は違う遊びができますね。

メバル以外にもカサゴ等の根魚も活発な季節です。ターゲットが少ない厳寒期でも休日には釣りを楽しみたいと考えると海況や釣況に応じて準備をすることで釣れる魚が増えると思います。
なかなか釣れない1匹を釣った喜びも忘れませんが、沢山釣れた癒しの釣りも記憶に残ります。

 

ロッド Gクラフト ミッドナイトジェティー972TR

ライン 東レ    シーバスPEパワーゲーム12lb

ソルトライン スーパーライトポリエステル0.3号

ルアー DUO    ベイルーフマニック

テトラワークスピピン


TOP