TOPFIELD REPORT知多半島デイアジング

知多半島デイアジング

Tetraworks  

皆様、如何お過ごしでしょうか?

愛知県知多半島をホームにするテトラワーカーのマサこと、坂倉です!

 

さて、最近のここ知多半島では最高気温も10℃に達しないと言う日も出だし、

ようやく冬がやってくる、そんな状況ですが、今年はまだ異常に水温が高めで安定しており、

例年ならアジングでは修行と化す時期なのですが、まだまだ数釣りが楽しめています。

 

更に知多半島では非常に珍しいことですが、デイゲームでの数釣りも出来てしまっています!

これ、アジの多い地域では至って普通のことですが、ここ知多半島では過去に経験したことがほぼ無いと言う奇跡に近い状態です!!

 

そんなデイゲームでのアジング、

基本動作はナイトゲームと同じ様に釣ってもある程度釣ることは出来ます。

がしかし、やはりナイトゲームでの常夜灯に寄ったアジとはやはり違い、

回遊性が高く、一カ所に留まらず、広範囲を泳ぎまくっている為に、

アングラーも自ずと広範囲を手返し良く探っていく必要があります。

 

知多半島のナイトゲームと言えばアンダー0.5gのジグ単がメインですが、

現在デイゲームでよく釣れているのはスナイプヘッドのSかMの1g以上のジグ単もしくは、キャロやスプリットリグです。

この日はピピンのライムサイダーが大当たり!

 

さらにナイトゲームでも極稀にあるのですが

今回のデイゲームではなにも気にせずに釣りをしていたら、しっかりとした

アタリが出ない状況がほとんどでした。

これってコンって明確なバイトが醍醐味のアジングにおいては致命的です。。

 

でもそんなときは大抵アジの数が多過ぎたり、活性が高過ぎたりすることが要因として考えられ、

こんな時、自分は敢えて釣れてるレンジよりも若干レンジをズラして釣っていきます。

 

そうすることで、アジが泳層を変えてしっかりと吸い込む動作をする事になり、

明確なバイトが出るようになります!!

渋くなってきたらメガロパに変え当たっているライムサイダーで!

 

一つの考えや工夫で結果が見えてくるのがアジングの楽しみであり、奥深さです。

皆さんも仮説を沢山立てて、答え合わせをするアジングを実践してみては如何でしょうか?

 TETRA WORKS SnipHead  TETRA WORKS Megalopa  TETRA WORKS Pipin

TOP