TOPFIELD REPORT減水野池攻略❗

減水野池攻略❗

橋本 裕介  

 

10月に入り朝晩は肌寒くなってきました。

 

水温も多少下がりましたがまたまだバスの活性も高く

 

どのレンジでも餌を補食しています。

 

野池ではリグルクローラーのスジエビとモエビカラーが大活躍‼️

 

特に減水した野池で濁りが入っていたら効果絶大です!

 

濁りが入るとベイトフィッシュや甲殻類などは

 

少しでも過ごしやすい表層付近の水質を求めシャローへと

 

上がってきます。それを狙ったかのようにバスは人間から見えるか

 

見えないかのレンジを回遊しています。

 

そこで今回使用したスジエビとモエビカラーを使用し

 

短時間でかなりのバイトをとることができました!

 

 

スジエビ、モエビ共に特に濁りの時には強くアピールができる

 

カラーだと私は思っています。見た目からするとシルエットがはっきり

 

しないから濁りではスカッパノンやクリアレッドペッパーなどの方が

 

良いのではと思う方も見えるかと思います。

 

スカッパノン、クリアレッドペッパーなども問題ありませんが

 

今回はリアクションを入れずナチュラルに喰わせで釣るために

 

チョイスしました!青ラメ、緑ラメが入っていることにより

 

濁りのなかでもラメが浮き上がりしっかりとアピールができます!

 

これからの時期から水を抜き護岸の整備や護岸干しをする野池も

 

あると思いますので是非濁った野池を挑戦してみてください。

 

極力魚より下目線をトレースすると良いかと思います(^^)

 

それではまた報告させて頂きます。

 

週末の大型台風にはお気をつけてお過ごしください。

 

 REALIS WRIGGLE CRAWLER 4.8"

DUOアプリDUOアプリ

AppStoreで入手Google Play で手に入れよう

TETRAWORKS CHANNELTETRAWORKS CHANNEL

もっと見る 
WEB STORE DUO CHANNEL TETRA WORKS Facebook - DUO OFFICIAL Facebook - Realis DUO 津波避難 boils

TOP