TOPFIELD REPORT十和田湖2019レポート

十和田湖2019レポート

中野光大  

お疲れ様です。昨年レポートした通り一度数が減少すれば5年程度不漁が続くことから本年も厳しい釣りが展開されると予想されるがはたして、、

解禁日は仕事の都合で行けず、、解禁から数日過ぎた後に十和田湖に向かいました。釣行当日は天気は曇り、現場に到着すると、水位が低い!普段より1,5m程減水といったところです。

さていつものポイントに到着してみると既に先行者がちらほら。取り合えずサイトの釣りを展開しようと目を凝らしてサーチする。全くいない、、わけではないが去年よりも断然少ないです。以下が私の考察です。

①減水しすぎていつものようにシャローに近づけないで一つ奥の駆け上がり付近で待機中

②水温が高く、まだ接岸モードに入っていない(昨年も同時期同じウワサが、、しかしそのまま収束)

スプーン、ジグ、バイブレーション、サスペンドミノー、シンキングミノー、あれこれ試しました。最終的にはRYUKIHIMEMASUカラーのロングフォールしてからのストップ&ゴーでようやくキャッチ。全体で9匹でした。時間の都合もあって午前9時には納竿となりました。

さて今後ですが、これから最盛期がやってくる可能性もありますのでめげずに通いましょう。いままでが釣れ過ぎていただけとも言えると思うので。これからはメソッド含め色々新しいヒラメキが必要なステージにこの釣りは突入したと思います。すこし混雑が落ち着いたらまた通います。レポートが更新されなかったら、、察してください(笑)

最後に駐車、ポイントアプローチ(クロスキャスト、隣で釣れているとすぐ隣に近づく等々)に対する配慮が大変劣悪な場面がチラホラ見えたり、聞こえてきます。フィールドあっての釣りなので我々ルアーマンが手本になるような行動を心がけていきませんか?

ルアー;RYUKI HIMEMASU SP

 

 

 SPEARHEAD RYUKI 50SP

DUOアプリDUOアプリ

AppStoreで入手Google Play で手に入れよう

TETRAWORKS CHANNELTETRAWORKS CHANNEL

もっと見る 
WEB STORE DUO CHANNEL TETRA WORKS Facebook - DUO OFFICIAL Facebook - Realis DUO 津波避難 boils

TOP