TOPFIELD REPORT真夏の内房アジング

真夏の内房アジング

Tetraworks  

はじめまして!

千葉県房総半島エリアをメインにアジングしています。

なまちゃんこと長谷川です。

よろしくお願いします。

今年は梅雨が長く

7月の雨の中も構わず釣りに出かけてましたが

7月下旬から元気な豆アジの姿を

見ることが出来るようになってきました。

先日は内房エリアへ行き

豆アジングを楽しみましたので

その時の事を書いてみたいと思います。

千葉県といえば

外房アジングのイメージが強い気がしますが、

東京湾側の内房エリアでもアジが溜まってるところが多く

時期を選べば気軽に狙えます。

外房のアジよりは、

ふわふわ系が好きなアジが多いイメージです。

スナイプヘッドSS

0.15g0.3g

メガロパを付けて

ゆっくりフォールさせたかったのですが、

当日は風がとても強かったので

ウエイトを重くし0.8gを使いました、

最初のポイントは常夜灯が明るく

明暗がはっきり出ているところで、

暗明暗とひけるところでは

メガロパのライムソーダを選んでみました。

何故ライムを選んだのかというと、

水の色に馴染み自然にアジに

見せることが出来そうなので選んでみました。

好奇心旺盛な豆アジが多く

アタリはかなり多いです。

0.8gをつけてるのでなるべくアジに違和感を与えず

に吸わせやすくしたいなぁと思いながらも

ラインを張りながらフォールさせて、

潮が若干重くなるところで

ゆっくり一度誘いのアクションさせ

またフォール。

こんな感じで誘っていると

狙い通りに吸い込んでくれました。

そのあとも同じ釣り方で

ポツポツ釣りましたが、

同じ漁港内の今度は

常夜灯の灯りが少ない方が気になったので

そちらに移動することに。

今度はメガロパのピーチサイダー

狙ってみる事にしました。

こちらの方が明暗部の

あちこちでライズしていて

雰囲気も良い感じです。

表層で釣れるかなぁ?と思って

表層ひいてみるも

ショートバイトが多く、

アジも釣れますが小さい

メバルがよく釣れる感じでした。

今度は表層とは

真逆にボトムまで落としてみますが、

ボトムでも反応がありました。

全体的に反応があったので

色々と試して楽しめたのですが、

一番反応が良かったのが

中層あたりをトゥイッチとファールを繰り返して

アジを誘ったらトゥイッチしたあとの

フォールでコンってはっきりあたって、

このやり方でポンポンと

連続で豆アジがきてくれました。

しばらくしたらあたりが少なくなってきたので

ピーチサイダーから

つぶつぶピンクのメガロパにして

足元の明暗の上を横に通しながら

可愛い可愛い豆アジは

色んな物に好奇心旺盛で、

中でも目立つカラーに高反応。

ワームの形状は

メガロパやチョップが吸いやすそうです。

私はベイトを見て

ワーム選びをする事が多いのですが、

アジの口のサイズに合わせて

ワームを使い分けるのも大事だなって実感しました。

まだまだ夏アジング

楽しめそうなので色々やってみたいと思います。

 

 TETRA WORKS SnipHead  TETRA WORKS Megalopa  TETRA WORKS Burny  TETRA WORKS Chop

DUOアプリDUOアプリ

AppStoreで入手Google Play で手に入れよう

TETRAWORKS CHANNELTETRAWORKS CHANNEL

もっと見る 
WEB STORE DUO CHANNEL TETRA WORKS Facebook - DUO OFFICIAL Facebook - Realis DUO 津波避難 boils

TOP