TOPFIELD REPORT夏アジング攻略パターンとは?!

夏アジング攻略パターンとは?!

Tetraworks  

どうも皆様こんにちは。

テトラワーカーキムソウこと

木村壮大です!

もうすぐそこまで迫ってきている

夏の足音。

アジングを楽しむアングラーに

とっても熱いシーズンの到来・・・

と言いたいところですが、

そう簡単にはいかないのが

夏のアジング。

一般的には夏のアジングは

豆アジの数釣り、

アタリは多いが掛けるのが

難しいといったイメージがある方も

多いのではないでしょうか?

確かにそれも夏のパターンのベイトパターンの

ひとつではあるものの、

実は他にも夏のアジングには

パターンがある!

今回は夏のベイトパターンと、

そのパターンに有効なワームなどを

ご紹介したいと思います。

《夏のメインパターン・プランクトン》

夏は冬に比べ、

海水が緑がかって見えると

感じたことはないでしょうか?

それは、海水温が高く植物プランクトンが

多く発生しているからで、

海水が沢山の餌が飽和している状態なのです。

まだ小さい豆アジは、

容易に捕食できるプランクトンが

潮に運ばれ流れるタイミングなどで

フィーディングのスイッチが入るのです。

そういったタイミングでは

落ちてくるものに対して好反応を示し、

アタリこそ多いものの、吸い込みも小さく

反転バイトが多いので、

中々掛からないといった現象が起こるのです。

そんな時に効果覿面なのが

今年の夏の新作である

「メガロパ」です。

吸い込みの弱い豆アジでも、

遊泳力の弱いプランクトンを偏食する

アジでもしっかりと口の中に収まるサイズ感。

マイクロワームにありがちなアピール力の弱さも、

水押しの強い扁平ボディーで

しっかりとカバーしているのも特徴です。

メガロパ以外にも「チョップ」も

プランクトンパターンに有効で、

フォールスピードなどを落としたい時などは

使い分けてみて下さい。

《港湾部のトラップ・バチパターン》

バチと聞くと春のバチ抜けの

イメージが強いですが、

あれは河川などに住むバチの産卵行動で

夏に港湾部で見掛けるバチとは別種で、

高速で泳ぎ回り常夜灯周りに集まることが多いです。

この夏のバチパターンは表層を泳ぎ回るバチではなく、

抜けた直後やボトムに戻るバチを捕食する

パターンがメインとなることが多く、

ボトム周りのリフト&フォールやボトムステイなどの

メソッドで狙います。

そんな状況では、ステイ時でも僅かな水流でも

アクションしてくれる「バーニー」が最適。

フォールに反応がなくても泳ぐバチを見つけたなら、

諦めずボトム周りのメソッドも試してみてください。

《小魚に着くアジを狙う・ベイトフィッシュパターン》

夏から秋は各地にイワシなどの

ベイトフィッシュが多く回遊する季節で、

そこにはシーバスなどの様々な

フィッシュイーターが着きます。

アジも例外ではなく、

小魚に着くことがあります。

シーバスなどの派手なボイルではなく

控えめなボイルが見られれば

アジの可能性があります。

アジ以外にもセイゴやメバルも

一緒にボイルしていることもあるので、

最初に釣れたのがアジでなくても

狙ってみると良いでしょう。

小魚に着いたアジを狙う際に

有効になるのが「ピピン」です。

早巻きや、軽いトゥイッチなどで動き過ぎない

ピンテールワームであるピピンが

非常に有効なことが多いです。

豆アジの反応が良い夏は

小型のイメージが強いですが、

エサの多い夏は意外とパターンが多い時期なので、

是非色々と試してみてください。

 Tetra Works Pipin  Tetra Works Burny  Tetra Works Chop  Tetra Works SnipHead  Tetra Works Megalopa

DUOアプリDUOアプリ

AppStoreで入手Google Play で手に入れよう

TETRAWORKS CHANNELTETRAWORKS CHANNEL

もっと見る 
WEB STORE DUO CHANNEL TETRA WORKS Facebook - DUO OFFICIAL Facebook - Realis DUO 津波避難

TOP