TOPFIELD REPORTドラッグメタルマダイカラーの有効性

ドラッグメタルマダイカラーの有効性

Hagihara Toru  

こんばんは!

台風が来て海の水を多少はかき混ぜてくれ来週あたりはいい感じに・・・なってくれそう〜♪

どうも、僕です。

さて今回はアジングではなくスーパーライトジギングでのマダイ狙いについて少し書いてみようと思います。

この春に発売になったドラッグメタルマダイカラーは皆さん使ってくれてますか?

今回リリースしたマダイカラーは全てマットカラーでのリリースとなりました!  何故マットにしたかと言うと  ズバリ釣れるから!

何でマットが効果的なのかを解説したいと思います。一般的にジギングで使用するジグはホログラムでのブラッシング効果で逃げ惑う小魚をイメージしたアクションで魚を釣ります。

しかし、今回リリースしたマットカラーではしっかりとジグのシルエットを見せホログラムを嫌うような甲殻類を好んで捕食している魚をも魅了しちゃうのです。

ですのでロッドアクション自体も優しいワンピッチや1/214ピッチといったショートピッチを多用してのしっかりとジグを魅せる釣りをする事が多いです。

僕のイメージ的にはボトムに居る甲殻類がマダイに驚き逃げる様を演出する様なイメージでジグをフワフワと優しく漂わすアクションを心がけてます♪

アクション自体も一定でフワフワさせるのもいいですが

多少変化を与え喰わせのフォールを作ります!

例えば12ピッチで数回しゃくった後にロングジャークを入れる。

ジグアクションイメージではボトムを泳ぐカニやエビがマダイに驚き一気に逃げる様を演出。

音で表現するならば

フワ〜フワ〜フワ〜フワワワワワ〜

このフワワワワワ〜の後に張らず緩めずでジクをフォールさせるのがポイントになりますので是非実践して見て下さい!

次回はブレードフックの効果!について書きたいと思います。

それでは良い週末を♪

萩原トオル

 Drag Metal MADAI  Drag Metal TG MADAI  Drag Metal Blade Hook

TOP