TOPFIELD REPORT釣果報告です!

釣果報告です!

橋本 康宏  

皆様こんにちは。

今回は近況報告です。

ナイトタイムのシーバスゲームでは、ビッグベイトの「デプライブ」「オニマス」を軸にランカーサイズを狙う釣りを展開しました。

大きなルアーを使う事で、小型のシーバスのバイトを避け大型のみ反応させます。

本流筋を狙ってオニマスのパールアユカラーを投入します。流れと喧嘩させないよう、馴染ませる事を意識して流れに乗せていくと、86センチのシーバスが反応してくれました。

ベイトタックルを使用する事で、より快適な使用感を得られます。

お次はデイゲーム。

夏時期は日中の時間帯に潮が大きく動くため、デイゲームが面白いシーズンです。

使うルアーはナイトゲームとは対極に、小さめのルアーをメインに使用します。シャローのウェーディングゲームであれば「テリフDC-9」「テリフDC-7」「タイドミノー75スプリント」「タイドバイブスコア68」がオススメです。

目に見える地形の変化、流れの変化を狙っていく釣りはエキサイティングで面白いです。

瀬の落ち込みに流れのヨレが絡むスポットにタイドミノー75スプリントをキャストします。すると早速反応がありました。

このルアーは固定重心で泳ぎ出しが良い為、ピンスポット狙いやアップストリームキャストでの使用時にも快適に扱えます。

日中は魚の視覚が利くので、泳ぎ出しが良いルアーの方が見切られにくくなります。

ヒレが張った綺麗なシーバスでした。

今度はサーフゲームです。雨後等のヒラメが釣りにくい荒れ気味のサーフでは、シーバスが接岸している事が多く狙い目です。特に河口が絡むサーフは水質も変わり、ベイトもいる可能性があり、オススメです。

ルアーはビーチウォーカーシリーズ新作の「グアド130S」を選択します。ミノーは魚に対してしっかりとアピールしてくれるので、濁った水質でも安心して使用できます。

グアド130Sはゆっくりただ巻きで使用する事がメインですが、流れや波の影響で自発的にスライドアクションが入ります。これが食わせの間としても役割を果たしてくれます。

波打ち際、ピックアップ寸前にゴン!とひったくるバイト!強い引きで楽しませてくれました。

カラーは曇り空や雨天時に強いマットチャートです。

今期の遠州サーフのヒラメは渋い状況が続いていますが、地形変化やベイトの存在にしっかりと注視していれば、釣果は出ています。

昼間の干潮、ワンドがあるポイントで同行者がヒラメをヒット。

ルアーはフリッパーZ36です。

カラーは新色の「フラッシュローザ」

明るい時間帯、先行者が叩いた後という条件でしたが、結果を出してくれました。

水質が濁っている時は、フリッパーZ36のマットピンクでヒットしました。

当日は渋く、難しい状況でしたが、ベイトを探して動き回った事で釣果に恵まれました。

この日の様子は「ルアー合衆国」ホームページ内の動画でご覧頂けます。

ぜひご視聴頂けると幸いです。

ルアー合衆国 lure-us.com

ヒラメがいてもなかなか口を使ってくれない状況も多々あります。

こういう時にはワームの出番です。ビーチウォーカーシリーズ新作のハウルグラブでキャッチ。

アピール力ではハウルシャッド、ハウルフィッシュの中間くらいです。

ゆっくり巻いてもグラブテールがしっかりと水を掴み、泳いでくれます。

ハウルヘッドは14gを使用しました。

ゆっくり巻きたい時にも使いやすく、食いも良いです。

今後もヒラメ、シーバスを狙って楽しみたいと思います。

 

DUOアプリDUOアプリ

AppStoreで入手Google Play で手に入れよう

TETRAWORKS CHANNELTETRAWORKS CHANNEL

もっと見る 
WEB STORE DUO CHANNEL TETRA WORKS Facebook - DUO OFFICIAL Facebook - Realis DUO 津波避難 boils

TOP