TOPFIELD REPORT南湖ボートフィッシング情報

南湖ボートフィッシング情報

石黒 拓磨  

昨日の記事は完全おかっぱりの話をしましたが、南湖ボーターもしびれを切らして土日になればいっぱい浮き始めましたね!!!

日に日に活性化し始めている南湖。

ではどんな感じなのか!?

私もガイド&ガイドプラでボートから出撃していますがまだ正直おかっぱりのほうが釣れるんじゃないか!?と思える感じですねwww なんせおかっぱりの釣果やバスの動きが良かったから!!

実際にしっかり釣りをしてみると釣れるんですよ。ただ狙いがしっかりと当たらないと春っぽいデカバスじゃなくて40cmがポロポロと釣れて特大サイズは出ないという感じになりがちです。というのも水温上昇により沖からシャローの全域にバスが居ます。

ただ安定して釣りやすいのはやっぱりボディーウォーターに近い沖合のほうがまだまだバスが多いです。このバスはまだルアーに反応しやすく釣りやすいので狙い目になりますがサイズが小さかったりもします。残りウィードをVテールシャッドのジグヘッドスイミングなどで丁寧に探ればそこまで苦労せず釣ることは出来ますがサイズが出にくいのも事実。

浚渫の穴の中をピンできっちり狙っていけばデカいメスを狙いやすいですが日ムラが凄い・・・。

どちらかをしっかりやっていかないとノーバイトな日も出てしまうこともあります。

 

(ウォーターランド腰巻ライフジャケット着用しています)

ちなみにこの春めいたデカバス君は水深5mの地質の堅い(ハードボトム)のブレイクでゲット。最近春めいてきてるメスバスを釣るには4~6mの水深がタク的にはおススメ。ただ狙いを外すとな~んにも釣れませんwww でかいバスをと求めるにはおススメなだけですwww

2m前後の水深でハードプラグやアラバマリグなど浅い水深に上がってきているバスを狙っていくのもありですが、これは注意が必要です!!

今の南湖は水色がかなりクリアなのでシャロー寄りの釣りには「濁り」が必要になります」!!春は特に濁りが入らないとシャロー寄りでの釣りはバイトが一段と遠くなるのでご注意を!!

ただすでに3月に入っているのでこれからの雨は降れば春に向かっていくと私は考えます。多めに雨が降って河川や水路等から濁りがあれば!! むしろそこさえもポイントになるのが春!!

キープキャストが明日から行われ、来週の土日にはさらに南湖は変化を向か変えているかもしれませんね!!

 

 

安定な釣果はコレ!!

 

濁りの入ったシャローにはレアリススピンのぽかぽかオレンジ!!(まだ発売されてませんがww)

今年の春も楽しみですね!!

 

 

 

 

 

DUOアプリDUOアプリ

AppStoreで入手Google Play で手に入れよう
WEB STORE DUO CHANNEL TETRA WORKS Facebook - DUO OFFICIAL Facebook - Realis DUO 津波避難

TOP