TOPFIELD REPORT低活性のシーバスにはハウル

低活性のシーバスにはハウル

荻野 憲司  

あっという間に、2018年もあと1ヶ月

秋の繁忙期がひと段落したと思ったら
今度は師走の忙しさ。

世の中「働き方改革」と盛んに叫ばれていますが
なかなかすぐに生活を変えるのは簡単ではないですね…(愚痴です 笑)

さて、今回はハイシーズン終了後の
東京湾奥シーバスのレポートです。

1年を通してオフシーズンがない東京湾奥のシーバス
しかし冬になると大半が産卵に向け、湾口に移動しつつあり
個体数の減少と低活性化は避けられません。

でも、ハウルの力を借りれば、
まだまだ湾奥でもゲームは成立します。

「ハウルの力」とは

  1. ・広範囲に探れるバイブレーション並みの飛距離
  2. ・深いレンジをトレースできるウェイト
  3. ・ワームマテリアルの自発的なアクションとナチュラルな波動

居ても口を使わない厄介なシーバスもイチコロです。

14g/4インチ
フルレッド/パールホワイトS

14g/4インチ
ツレギス/パールホワイトS

使い方はアップクロスにキャストしボトムドリフト

底でじっとしているシーバスの
鼻っ面に流し込むイメージです。

河川では14gのヘッドが使いやすいと思います。

港湾部で使ったら
別のターゲットも・・・(笑)

27g/5インチ
ブルーバック/クリアーブルーS

さて、これからは冬の磯マルシーズンに突入。

手軽ではありませんが、大自然の中での豪快な釣り。
またレポートさせていただきます

WEB STORE DUO CHANNEL Facebook - DUO OFFICIAL Facebook - Realis DUO 津波避難

TOP