TOPFIELD REPORTハイシーズンは「デプライブ」で!

ハイシーズンは「デプライブ」で!

橋本 康宏  

待ちに待った秋。魚は活発になり、釣りをするには最高のシーズンです。

秋から冬はコノシロ、ボラ、落ち鮎等の大型のベイトフィッシュがメインになり、それを狙うのが大型のフィッシュイーターです。

「マッチ・ザ・ベイト」と言われますが、ベイトフィッシュにルアーサイズを合わせる事は基本的な考え方です。昔は大型のルアーは少なく、扱えるタックルも揃っていなかったため、12?のルアーでも波動が強い物を選び大型のベイトを演出していました。しかし、シルエットや存在感等、足りない部分が多く出てきます。現在は重いルアーを扱えるタックルが揃ってきているため、ビッグベイトを「使える」時代になってきました。

ただ、バス用ビッグベイトではシーバスシーンにおいて、使いにくい状況も出てきますので、シーバスにはシーバスのためのビッグベイトが必要です。

デュオ社とコアマン社のコラボレーションで誕生したデプライブは170mm、50gの3連結プラグです。多連結により艶めかしい動きはもちろんですが、キャスト時の振り抜けの良さ、微細な流れの変化への反応も秀逸です。また、見た目からは想像できない程良く飛び、小場所のピンスポットにも狙い通りにキャストが決まります。            

雨後の河口部にイナッコが溜まっていた状況下にて、ブラックピンクベリーにヒット。

この魚は川の流心の潮目が出ている所でボイルしていた個体です。同じ場所でボイルが出ていたため、魚が浮上するタイミングを見計らい、上流側から流し込んでヒットさせました。

イナッコの群れの中でも、このルアーの存在感でしっかりとアピールしてくれます。

こちらは小場所の障害物際に定位していたランカーシーバス。

秋らしい太い個体です。

当日は下げの流れが強く出ていた状況でした。ベイトはイナッコで、たまにピチャッと跳ねてはいますが量はいない印象です。流心に絡む障害物は一級のスポットです。いい場所には数本のシーバスが付いている可能性がありますが、欲しいのはでかい魚。大型を選んで獲れるのもビッグベイトの強さです。

強い下げ潮の流れに対して、流れの上流側(アップクロス)に投げて流していきます。この際ルアーを水に当てて動かすのではなく、ルアーを流れに乗せるイメージで、ラインを張らず緩めずのテンションでリトリーブしていきます。

このような操作でも、デプライブは微細な流れをしっかりと掴んでアクションしてくれるため、非常にナチュラルに魚を誘い出してくれます。

ルアーは大きいですが、使い方は実に繊細です。

マットチャートに一度バイトは出ましたが乗らず、ナチュラル系のマコイワシに変えると深いバイトを得られました。

色による反応の違いはありますので数色揃えていたほうが安心です。

タックルについてですが、私は7フィート後半のヘビークラスのベイトタックルにラインはフロロカーボンの4号を直結で使用しています。

しっかりとビッグベイトを扱えるタックルを揃える事で、明確な使用感が得られます。

このハイシーズン、是非「デプライブ」を使って、記録級を狙ってみて下さい。

DUOアプリDUOアプリ

AppStoreで入手Google Play で手に入れよう

TETRAWORKS CHANNELTETRAWORKS CHANNEL

もっと見る 
WEB STORE DUO CHANNEL TETRA WORKS Facebook - DUO OFFICIAL Facebook - Realis DUO 津波避難 boils

TOP