TOPFIELD REPORTウェッジで秋シーズン開幕!

ウェッジで秋シーズン開幕!

堀田 光哉  

こんにちは。堀田光哉です。ご無沙汰しておりました。
今年は台風来襲ばかりでサーフは釣りにならない状況でしたが、そろそろ始まりますね!
まー、いつもの釣りで楽しむのもアリですが、
この秋冬攻略のキモはウェッジの有無じゃないでしょうか。

ウェッジは誰が投げても、飛行姿勢良くぶっ飛んでくれます。
ボリュームがあって、ジグの小さなシルエットに反応しない状況では効果的ですね。
ただし、逆の場合もあるので必ずフリッパーと併用したいところですが。

遠州灘、鹿島灘、宮城、房総や宮崎、日本海の各サーフは遠浅サーフですが、
圧倒的な飛距離とボトムを擦らない性能が釣果をもたらしてくれます。
使いやすいこと、この上ありません。

先日、開幕の早い宮城県のサーフで釣りをして来たのですが、
1発目のヒットはフルキャスト直後のファーストフォール。
そう、ウェッジは水平フォールなので、フォール中の食わせも得意です。
しかしまあ、最低でも80mぐらい(以上?)は飛んでいる状態でのヒットでしたから、
ファイト時間が長く長く、スリリングで超〜面白かったですね!
(ちなみにフックはSTX45ZNに交換してあります)

とくにピンク、それも新色であるマットピンクカラーの破壊力は抜群ですね。
実際にかなり激しいバイトでヒラメが食って来ました。
ストップ&ゴーでドカ〜ン!って感じです。
それもそのはず、地元アングラーの釣果はほとんどウェッジのマットピンク。
マットの膨張感が効くのでしょうか!

この日は地元アングラーを差し置いて連釣させてもらいました。
ヒラメはもちろんですが、ウェッジはマゴチや大型青物にも対応しています。

これから風が強い日が多くなり、軽いルアーでは釣りにならない日が増えますが、
そんな時こそウェッジの自重とサイズ感が武器になります。
とくに遠州灘ではこれからワラサやブリが回遊しますが、それらにも対応できるとなると、
めちゃくちゃ出番が増えそうです。
個人的に、しばらくはウェッジを頼りにすることが多くなりそうですよ!

DUOアプリDUOアプリ

AppStoreで入手Google Play で手に入れよう

TETRAWORKS CHANNELTETRAWORKS CHANNEL

もっと見る 
WEB STORE DUO CHANNEL TETRA WORKS Facebook - DUO OFFICIAL Facebook - Realis DUO 津波避難 boils

TOP