TOPFIELD REPORTVテールシャッド4インチ 変形ネコリグセッティング方法

Vテールシャッド4インチ 変形ネコリグセッティング方法

古川 仁志  

今回は、前に紹介しました、Vテールシャッド4インチを使った、変形ネコリグのセッティング方法をご紹介しておきますので、気になった方は是非お試し下さい!

6C177627-8D6E-4C05-A515-1847CCC3396C.jpeg

準備するのは、お好きなカラーのVテールシャッド4インチ

BBD04D34-1CD5-42B9-B5EC-4E3363D7E7B9.jpeg

ZAPPUさんのマスタングヘッド(私は1/16ozや3/32oz、又は1/8ozを使用してます。)

F384C360-5DA5-4A5A-8A94-BCE90A409065.jpeg

12ミリの収縮チューブ

ワンタッチラバー等のジグヘッドに装着するだけで、スモラバになるラバースカート(マスタングヘッドに直接タイイングしても良いですが・・)更にしっかりリグを固定したい場合は、シリコンストッパー等を準備して下さい。←保存されてる写真がないので、画像なくてすいません・・。

※ワンタッチラバーの種類には、凸凹の付いたラバーのものもありますが、凸凹付きの場合は動きにキレがなくなります。(水押し重視なら良いかも知れませんが・・。)

6EC69B04-B1E2-4027-BAA8-A5A5869B544D.jpeg

まずは、収縮チューブをVテールシャッドのはちまき部分の太さ+テール側のリブ2つ又は3つ分くらいの太さにカットし、Vテールシャッド4インチはちまき部分頭側が端になるようにセットし、収縮チューブを収縮させます。

F250A84E-3E74-4D5F-B5D2-30002B449E75.jpeg

F51C106D-C0C0-4061-BA31-23F5626E22BC.jpeg

次に、ワンタッチラバーを装着したマスタングヘッドを、Vテールシャッド4インチのフラット面、頭側の収縮チューブの端から深く刺し、フックポイントをテール側に抜きます。

7605FFC4-E2FF-4F39-8EE5-FD2CFE9DA1DD.jpeg

※分かり易いようにワンタッチラバーを装着していない状態で写真撮影しています。←ラバー無装着時は、よりアクションにキレが出るため、メインベイトが、ボトム系の魚の場合はスカートなしの方がよりベイトフィッシュの動きに似ているかも知れません。ピュンッと動いてジッと静止するようなイメージですね・・。

ECA4AF38-D25E-42CA-A2F4-6E7391A775E4.jpeg

次に、マスタングヘッドのフックキーパー部分が、Vテールシャッド4インチのフラット面反対側のボディーの中にあるので(収縮チューブ端テール側付近を探って下さい)指でグリグリっとVテールシャッド4インチのボディーを押して、マスタングヘッドのフックキーパー部分をボディーの外に出し、収縮チューブの端に引っ掛けます。←これが重要

BA5AD2EA-D7A2-40E0-A538-B3D6B4C3839B.jpeg

リグがズレないようにしっかり固定したい方は、更にシリコンストッパー等を装着すると良いです。

B6458F10-1960-42F0-A72E-52D608E0CF28.jpeg

最後に、Vテールシャッド4インチの頭に2g前後のネイルシンカーを挿入すれば完成です!

Vテールシャッドのヘッド部分が下がり、横からみてVテールシャッドがへの字になっていればOKです。

使用タックルですが、私の場合、スピンベイト80を使う時と全く同じ、ベイトフィネスのタックルを使用しています。

7フィートのミディアムアクションのグラスロッドで、ベイトフィネス用のリールにフロロカーボンラインの8ポンドを使用していますが、かっ飛んで行きます!!

スピニングタックルでも、ある程度の重量がキャストできるものであれば使えると思いますし、通常のミディアムアクション程度のベイトタックルでも使用できると思います。

このリグ、基本ズル引きで使用しますが、根掛りを外したりする際ロッドをあおり、外れた瞬間に下方向に曲げられたVテールシャッドのヘッド部分が水を受けクンッとボトム方向に軌道を変えリアクションバイトを誘発します。

フォール時には、バックスライドとまではいきませんが、Vテールシャッドのヘッド部分が水を受け、若干奥に向かいフォールしますので、シェードや縦ストなどの際を狙いたい方には良いかも知れませんね♪

テキサスリグ等で、直ぐにスタックしてしまうようなゴリゴリのハードボトムでも、マスタングヘッドやネイルシンカーを若干軽めのものを選べばかなりスタックの確率が下がります。

※ウィードエリアには不向きです・・。

ネコリグ状態なのでフラット面に水を受け、軽量なリグですが、しっかり水を動かし、私の実績の中ではかなりビッグフィッシュ率が高いリグです。

多少セッティングが面倒なリグではありますが、例年、厳冬期から春までの琵琶北湖にあるハードボトムエリアや、春から初夏までの入鹿池など活躍してくれるリグですので、是非お試し下さいね♪

84C5EFD1-594F-4378-B3F3-D0C2E3B201B9.jpeg

前回の釣行時には、このリグで入鹿池のアフター回復系の50upもキャッチ!!

87D5C56F-59CF-4F83-8613-92912002F64A.jpeg

354ECCEF-001B-4772-9359-65C82F36014E.jpeg

そして同日、前回に引き続き、レアリス忍虫を使用したライトキャロも活躍してくれてますので、是非こちらもお試し下さい。


TOP