TOPFIELD REPORT今後の予測!

今後の予測!

西島 高志  

皆さんこんにちは。

琵琶湖長浜では大雨の影響から田んぼの水が入りバスの活性が極端に下がり厳しい状態にありました。

また放水量増加に伴い20度程あった水温も13度まで下がり、これもひとつの原因かと思われます。

今現在5月18日では水温も20度まで上昇し水の状態も良くなりつつありますが状況の悪かった琵琶湖でのガイドではレアリスジャークベイト120SPレアリススピンベイト80レアリスVテールシャッド4インチでビッグバスキャッチに成功しました^^

レアリスジャークベイト120SP 湖北ネオンパープルにて56cm!

o0810108014191903830.jpgo0810108014191903839.jpg

レアリススピンベイト80オイカワカラーにて54cm!

取水口跡のピンポイントを中層スイミング!

o0810108014191903855.jpgo0810108014191903848.jpgどちらも3キロoverのビッグママでした^^

今後の予測としてベッドに入る個体がさらに多くなり普通の釣りでは難しく感じると思います・・・

一気にアフタースポーンのバスが増えてくる事からレアリスシャッドのロングステイやVテールシャッドのスプリット・ダウンショットが有効になってくるでしょう!

また、ローライトコンディションではレアリススピンベイト80を広範囲に巻いて来る事も有効となります!

狙うレンジはズバリ2.5m?3.5m!!

スポーニングエリアから少しだけ沖でウィードが絡んだら更にGOODです!

あまり難しい事は考えずに、この辺りの事を頭に入れて釣りをして頂ければきっとビッグバスに出会えると思いますよ^^

という事で、今回は今後の予測的なお話しでした。

それではまた琵琶湖でお会いしましょうね!


TOP