TOPFIELD REPORTフリッパーZに良型ヒラメ!

フリッパーZに良型ヒラメ!

橋本 康宏  

皆様初めまして、静岡県在住の橋本康宏です。

この度DUOフィールドレポートを執筆させて頂くことになりました。

シーバスとヒラメをメインターゲットに、釣果情報やDUO製品の使用方法等を発信していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、今回は全国屈指のヒラメポイントである、遠州サーフの釣行レポートです。

季節は4月の初旬で、まだハイシーズンと言える状況ではありませんでしたが、暖かくなってきた事で、多くのアングラーで連日賑わっていました。

サーフの釣りはベイトの存在が大事ですが、まだ安定して接岸しておらず、各所走り回る日々でした。

釣行当日はベイトがいて、期待が持てる一日でした。しかしなかなか反応がなく、たくさんいたアングラーも少なくなってきました。

そこで取り出したルアーは「ビーチウォーカー・フリッパーZ36」。


PSX_20180426_142213.jpg

カテゴリーとしてはメタルジグとなります。メタルジグは他ルアーよりも優れた飛距離で、遠方のポイント攻略や沈みの速さを活かした深場攻略に使われ、沖合のナブラ撃ち、低水温期のクリアな水質時にルアーを見切らせずに口を使わせる等々、なくてはならないルアーです。

しかし、メタルジグの長所でもあった点が、短所になる場面も出てきます。

「飛距離は欲しい、だけどアピール力も欲しい」「広範囲にシャローをゆっくり引きたいけど、沈みが早いから難しい」等がありますが、この問題をクリアしたのがフリッパーZです。

亜鉛を使用しボディを大きくする事で、沈みが遅くなり水の掴みも良くなったため、浅いところもゆっくりと引けて、プラグのようなしっかりとしたアクションを演出することが出来ます。

又、標準で6番フックを搭載しているので、大型魚にも安心して対処できます。

IMG_20180426_130740.jpg

良く飛んで、ゆっくり引ける」この性能はサーフの釣りにおいて強い武器となります。

IMG_20180426_130759.jpg

浅瀬と深みの境目を狙います。ポイントより沖合にキャストし、一度底まで沈めてから巻き出します。ちょうど境目に差し掛かった辺りでフォールさせます。すると明確なバイト!イメージ通りに釣れたのは61cmの肉厚なヒラメでした。厳しい状況の中、非常に嬉しい一枚となりました。

IMG_20180405_173946_471.jpgのサムネイル画像

これからどんどん良いシーズンになっていきます。準備を万全にして、ぜひ釣行されてみてください。

DUOアプリDUOアプリ

AppStoreで入手Google Play で手に入れよう

TETRAWORKS CHANNELTETRAWORKS CHANNEL

もっと見る 
WEB STORE DUO CHANNEL TETRA WORKS Facebook - DUO OFFICIAL Facebook - Realis DUO 津波避難 boils

TOP