TOPFIELD REPORTマイナス20℃の外気にさらされるストリーム

マイナス20℃の外気にさらされるストリーム

石川 学  

67496.jpg67503.jpgマイナス20℃の世界を想像できるだろうか?

識者の見解では地球は小さな氷河期の周期に入ったと言われているそうだ。

今年の北海道の冬はとりわけ寒さが厳しく感じる。

命のエネルギーがまったく感じない季節ではあっても確かに息づく生命がある。

まったく反応のない時間が過ぎて、ガイドやリールが凍りついてきても…可能性に掛けてその1尾を探してみる。

極低水温の季節はダウンで低活性のトラウトにアプローチするのがセオリーだが、このブラウンはアップでバイトしてきた。

新たな発見を得るとともに、RYUKIのポテンシャルにまたまた驚かされる私なのである。


TOP