TOPFIELD REPORTオフショアでもドラッグメタルキャスト炸裂!

オフショアでもドラッグメタルキャスト炸裂!

佐藤 直樹  

 飛んで、泳いで、釣れると良いとこ尽くしの
『ドラッグメタルキャスト』
絶対な信頼をもってオカッパリからキャストし、良い釣果をもたらしてくれています。取材の時なども本当に助けられていて、今月発売の月刊「磯投げ情報10月号」にも記事が載っておりますので、是非ご覧ください。
h1_150_1710.jpg

 岸からのキャストゲームの結果はお墨付き。それでは対オフショアではどうなのか?気になったので早速ドラッグメタルを持って、相模湾から出船している「カツオ・メジコマセ船」に便乗ジギングに行ってきました。一部の船宿さんではコマセ船のミヨシ(前)を席数限定でルアーマンに開放しています。コマセについたカツオ・マグロは容易ではありませんが、状況次第では期待が持てます。
 今回お世話になったのは平塚港・庄二郎丸さん。6時定刻出港で一路カツオがいる海域を目指します。
IMG_0103.JPGポイントへ到着するとソナーと魚探で魚の群れを追いかけ回り込んで仕掛けやジグを投入します。当日は魚の足が速く、コマセにも反応は弱い厳しい状況でした。なんとか1本取りたいと、エビングも投入しましたが反応なし。釣れてくるのはペンペンシイラのみ・・・城ケ島南西まで走ると、水面で跳ねるカツオの群れに遭遇。合図と同にWアシストフック仕様のドラッグメタルキャスト40gを落とします。15m程の棚で『ヒット!』強烈な走りを見せたのは3キロの良型の本カツオでした。
IMG_0113.jpg
IMG_0113 (1).jpg

IMG_0114.jpg
ヒットルアー:DUO ドラッグメタルキャスト40g ピンク
アシストフック:シャウト ライトゲームジャコ M

コマセのお客さんも半分がボウズ…の渋い状況で絞り出した1本となりました。
本来キャスト用に開発されたジグですが、飛距離を稼ぐ抵抗の少なさは、縦のフォールでも同様に抵抗が少なく、素早いフォールを実現します。今回の様にコマセについたカツオは、ベイトにセレクティブでルアーのシルエットも重要。だから『ドラッグメタルキャスト』。また、カツオのジギングでは、『ピンク』というカラー選択もキーポイントになる事が多いので釣行に行かれる方は是非参考にしてください。
 注目の相模湾カツオ・キハダゲーム。徐々にルアーへの反応は鈍くなりますが、アングラーの腕の見せ所と言えるでしょう。熱い夏はもう少し楽しめそうです。それでは、皆さんも良い釣りを!


TOP