TOPFIELD REPORT手軽に楽しむライトサバゲー始まりました!

手軽に楽しむライトサバゲー始まりました!

佐藤 直樹  

関東近海の遅れていた季節感も、ようやく例年並みの海水温になった事で、釣り場も賑わいを見せるようになってきました。三浦方面に12ー20cm程の小サバが接岸し『テトラワークスシリーズ』で遊べています。
IMG_7148.jpg
こんなサイズでも味はしっかりサバです。唐揚げや干物にしても美味しくいただけてしまいます。
また先日、西伊豆方面に釣行した際にも漁港や堤防で小サバが確認できたので、皆さんも近くの釣り場へ行ってみると良いかもしれません。

この手軽な小サバゲームにオススメテトラワークスシリーズを紹介します。
toto42.jpg
『TOTO42』
万能スモールシンキングミノー。
表層を細かくトウィッチして使います。
とりあえずこれを投げておけば間違いない(笑)
それくらい優秀選手です。

pocopoco.jpg
『POCOPOCO』
テトラワークスシリーズの唯一のトップウォータープラグ。
飛距離も出るので遠投し、水面をドッグウォークさせたり、スプラッシュを上げて誘うと良い。
水面のスプラッシュ効果は青物系の活性を上げる効果もあるので、ローテーションに組み込むと面白い釣りができます。

bivi.jpg
『BIVI』
これはスモールバイブレーションですが、使用方法はちょっと違います。
キャスト後フォールさせ、連続ダートさせて使います。風が吹いて表層の水温がさがったり、サバの活性が低いと下のレンジにいる事があるので、そんな時はBIVIの連続ダートで浮かせていくのがポイントです。

今年の小サバは昨年の同時期に比べ一回り小さいため、効率の良いルアーローテーションで群れの中の大きい魚を釣っていく事が重要です。これからどんどん大きくなって面白いライトゲームが楽しめるでしょう。

もうひとつ。様々なカラーも有効ですが、実戦上良かったカラーがコレ!
IMG_7142.jpg
『生シラス』カラー
小サバのメインベイトはシラスなのでシラスカラーが有効でした。

IMG_7240.jpg
『クリアレインボー』
小サバの口を使わせるのに、シルエットを小さく見せるクリア&小さいホロのこんなカラーも有効です。

もちろんここに挙げたシリーズ以外にも有効なプラグやカラーはあります。色々なルアーを試して手軽に楽しむ。まさにテトラワークスシリーズのコンセプトにピッタリなゲームと言えるでしょう!


TOP