TOPFIELD REPORTライトゲームが楽しい季節!

ライトゲームが楽しい季節!

佐藤 直樹  

ようやく関東の海水温も上昇し始め、海の中も春の気配を感じさせてくれるようになりました。しかし、デイゲームのプラッギングで釣るにはまだ少し早いようです。そんな状況で活躍してくれているのが、昨年新製品として発売された
TETRA WORKSシリーズの『TETRA WORKS SPIN』
twspin_main.jpg
テトラワークスシリーズの中で、全レンジ対応型。
低水温や渋い状況で表層に出ない魚に対し最も効果的です。

今日は、堤防周りに魚っ気が出てきたように感じたので、堤防際へスピンを投げ、沈む捨て石を意識しながら「リフト&カーブフォール」で遊んでいると、珍しい魚が釣れてきました。
IMG_2460.jpg
IMG_2458.jpg
「コクチフサカサゴ」
トゲトゲがちょっと怖いカサゴの仲間です。
棘には毒があるので気を付けましょう。
様々な魚種がプラグで釣れる、そんな面白さもテトラワークスシリーズの魅力です!もちろん面白さだけでなく、実力もお墨付き。

実際に、私はこのテトラワークス スピンを様々な場面で投入し釣果を得ています。
IMG_9777 .jpg
定番の「メバル」はもちろん。

rr.jpg
バスフィッシングにも効果絶大!

IMG_2252.jpg
先日のアウトドア雑誌の取材でも、尺イワナをスピンでキャッチする事が出来ました。

ルアー経験の長いアングラーなら気付きましたよね?
そう、このテトラワークス スピンは、テールスピンジグというよりも、インラインブレード。
つまり、スピナーに近いアクションと使用感なのです。
「幅広いレンジで使えるスピナー」
オススメのアクションは、キャスト後テンションをかけたカーブフォールで目的のレンジまで沈め、リトリーブorリフト。そしてカーブフォール。形状的にフリーフォールをさせてしまうと、ラインがフックに絡まる事がありますので注意してください。

アングラーの発想次第でシチュエーションや対象魚は更に広がるでしょう。
これからのシーズンはカマスやショゴ、秋にはメッキと、益々テトラワークスが熱くさせてくれそうです。
皆さんも是非、この「テトラワークス スピン」使ってみてください!


TOP