TOPFIELD REPORTレアリスGA真虫NEWカラー登場

レアリスGA真虫NEWカラー登場

相羽 純一  

先週待望のレアリスGA真虫2015年NEWカラー5色も含め

昨年の発売カラー同時にDUO社より出荷スタートしました。

その発売と同時期に、いよいよ今週末の24日には

IMG_3977.JPG

大江川でのレアリスGrade A サミット開催。

PM12:00~からの雨天決行イベント!(予報は雨っぽい・・・)

大江川の極秘攻略法や真虫やロザンテ、スピンベイト60などのレアリスルアーの

有効的な使用法などをお話ししていきたいとも考えています!

是非、ご友人、ご家族で気軽に遊びに来てください。

さて、本題へ戻りますが

2015年NEWカラーの真虫5色

P5211447.JPG

昨年のテスト時から今年の発売前までにはかなり美味しい思いをさせて頂けた5色。

今回はそのスペシャルな5色の投入するタイミングなどを書いていきたいと思います。

レアリスGA真虫はどのカラーでも比較的バスに好まれやすい波動(ラバーがついているからね)が

でているため、少々マッチングしないカラーを投入してもバスをキャッチできるルアーです。

やはり表層とラバーの相性が良いみたいで何万とあるルアーでもカラーに関係なく

バスがバイトしてくれる数少ないルアーです。

当然、ロザンテにしてもスピンベイトにしてもバイブ52にしても

やはりカラーはキーになってきますから。

真虫は多少マッチングしなくてもバイトは多いが

ハイプレッシャーフィールドで周りのアングラーよりもデカイバス、数釣ろうと思えば

カラーもある程度状況によってセレクトしてやらなきゃいけない。

今回はNEWカラー5色を私的に書いていきましょう。

羽化ゼミ

P5211445.JPG

このカラーは今回発売となった5色の中で1番光を通すカラー。

名前の通りセミが羽化したての色をイメージしたカラーです。

ですから、投入するタイミングも自然を理解していれば読み切れます。

P5211446.JPG

投入するタイミングはやはり朝一。

セミが羽化するタイミング。

朝一が一番多く、羽化したての柔らかいセミが水面に落ちるイメージです。

IMG_4200.JPG

ですから、今の季節と言うよりも蝉が多く羽化し始める6月からのカラーとなります。

コガネムシ

P5211443.JPG

はい、みたままコガネムシ。

ボディーの色から光を通してなさそうですが、強い光を通すとボディーは光を通します。

コガネムシが出てくる夏は強い光が多い為、オーバーハング下よりもオープンウォーターでの

有効率が上がります。

またスモールマウスもコガネムシは大好きな為、野尻湖や桧原湖でも効果的なカラーです

P5211444.JPG

お腹側のカラーは背中側のカラーよりもナチュラルな為、

ハイプレッシャーフィールドでも効果的です。

P5141392.JPG

特にコガネムシやカナブンが好む広葉樹林で蜜の匂いがプンプンするエリアでは

効果的。

ローライト時には派手目に動かすとボディーのフラッシング効果で高い集魚力があります。

野蛙

P5211441.JPG

ムシルアーですが虫と同時期、同サイズの捕食ターゲットの蛙をイメージしたカラー。

田んぼに水を入れて田植えが始まると出てくるカエル。

しかも、バスの好むインレットや草が多く茂るスポットが大好きなカエル。

P5211442.JPG

カエルの白~い柔らかいお腹もイメージして真虫のお腹側は白が多め。

5月から有効なカエルパターンに真虫で!

昨年は真虫でのカエルパターンがかなり釣果を伸ばしていた。

釣りをしていて足元の草むらや護岸にカエルが多いときは

ショアラインでのカエルパターンが有効になるので、

そんな時は是非セレクトしてください。

P5141376.JPG

虫よりもカエルは水を好むのである意味

虫よりバスに捕食されているのが蛙かも・・・。

沖目でのバイトはほとんどが虫補食ですが

ショアラインはカエルも意外と多いですよ。

2015年私の中でも一押しカラーで一押しパターンです。

ショウリョウバッタ

P5211438.JPG

このカラーは名前の通りバッタの多いエリアでキャストしてください。

バッタが多いエリアとは、森などの木々が茂ったエリアより

完全に草が多いエリアが有効。

P5211440.JPG

お腹は、草などの裏側が白っぽくなっているのをイメージ。

その葉っぱに似た色がバッタですし、水面にも多くの草が落ちています。

バスには見慣れた色で違和感なくフィールドを荒らさずにアプローチできるのが

ショウリョウバッタ。

草むらに多い色の配分で作ったのがショウリョウバッタ。

P4271105.JPG

バッタ以外ではアマガエルの色にも似ているのでアマガエルがいる

水路や草むら周辺でもチャンスカラーです。

スズメ蜂

P5211436.JPG

一番視認性の良くアピールカラー。蜂などの多い春から有効カラーです。

木々の樹液、花の蜜を吸う為蜂はオールマイティーにどのエリアでも使用可です。

しかも、飛ぶため沖の虫パターンにもショアラインの虫パターンにも有効。

P5211437.JPG

その蜂のカラーに加え

私の中では、オレンジ色はバスにとっての「毒素」を持った色(蜂の毒とは別)。

バスの脳派研究をしていた友人からオレンジ色は「」を感じていると言うこと。

ですから、弱い個体、または小さな個体はそのオレンジ色の物体を口にすると

毒素」に負けてしまうと思い敬遠しがちだが、

強い個体は関係なくバイトしてきてくれる。

ですから、オレンジ色の強いスズメ蜂カラーにはアベレージを超えるバスの

バイト率が高い。

P4221073.JPG

蜂パターンとバスの脳派からくる「毒素」パターンを併せ持つ

スズメ蜂カラー。

今年に入っての撮影ではお世話になりっぱなしのカラーです。

バイトも虫パターンには少ない派手バイトだし視認性も良いので

ルアーも見失うことも少ない。

かなり重宝するカラーです。

こんな感じの5色ですが、捕食ターゲットにより上手にローテーションして

使い込んでください。


TOP