TOPFIELD REPORTデッカイお目目

デッカイお目目

大平 正満  

皆さんお疲れ様です。

ここ福井は12月もなると冬型の気圧配置、大気が不安定になり全国でもTOPクラスの雷発生率が高い地域。

しょっちゅう雷が鳴りロッドが出せず仕舞いのシーズン。

楽しい一時が惨劇にならないよう注意したいと思います。

さて、リバーはしばしの間休憩ということでフィールドを越前海岸にシフト。越前海岸と言えば有名なリアス式海岸。

地形が複雑かつ入り組んでおりルアー、エサ問わず県内外から多くのアングラーが足を運んでいます。

そしてこのシーズン、ルアーマンにとってうれしいのが・・・

PB200293.JPG

「メバル」

もちろんDUO社からはTETRA WORKSシリーズが待ち構えておりいろんなパターンで楽しめることができます。

そしてこの冬始まるころに実釣。多くのメバルに出会ってきました。まずこのシーズンのメバルは産卵を控えたパワフルボディにパワフルファイト!が楽しむことができます。僕の場合基本このシーズンはプラグしか使わずアグレッシブなゲームが中心。

シャローの絡むポイントからチェックし反応がなければディープゾーンへとシフトしていくといったパターン。

PB200329.JPG

PB200325.JPG

TOTO 48HS

この日は凪だったものの、潮の動きが悪くなかなか口を使わない。そしてショートバイトの嵐。その中でより遠くより根回りに近接させアピールさせる48HSが大活躍。

根掛かりを恐れずゆっくりゆっくりリトリーブさせるのがキー。スローに引いてもしっかりアクションが出るのがTETRA WORKS シリーズ。

48HSがしっかりハマったパターンでした。

PB200284.JPG

TOTO SHAD 48S

越前海岸特有の足場の高い磯回りや波止場に大活躍するのがこの「SHAD 48S」。カケアガリ部分を攻めたり足場の高いテトラすれすれをトレースししっかり足もとまでチェックできたりと出番が一番多いですね。

そしてSHAD系で一番気になるのがいち早くレンジに到達する立ち上がりの良さ、そしてダイブしてからのバランス。よくあるのが潮の流れに負けて斜めになったり横になって帰ってくる物がありますがこのSHAD 48Sは抜群にバランスがいいですね!

PB200310.JPG

PB200335.JPG

この釣行最大魚の29センチ。惜しくも尺には1センチ足らずでしたが多くのナイスサイズとファイトすることができ楽しめました。

また海のご機嫌が直り次第足を運びたいと思います。

では皆さん良きフィッシングライフを♪


TOP