TOPFIELD REPORTテトラワークス ニューカラー

テトラワークス ニューカラー

高木 孝  

P19062.JPG 小気味良い引きで楽しませてくれて可愛らしい瞳で癒してくれるメバル。
 厳寒期を迎えて屋外に出るのも辛いと感じる季節ですが、メバルに出会いたくてナイトゲームを楽しんでいます。

 圧倒的な飛距離で広範囲を探れるユラメキは定番、過去のレポートでも紹介していますが流れを感じながら漂わせるようなイメージを持つことが重要だと感じています。
シンキングペンシルは、リトリーブスピードが早くなると浮き上がる特性がありますので、流れを感じてリトリーブ抵抗が増すポイントでは、よりスローにリトリーブすることでレンジキープすることができます。
 
 プラッキングゲームでは比較的サイズが良いのですが、20センチに満たない小型サイズも果敢にアタックしてきますね。
P05108.JPG

 こちらも定番のTOTO42
 P05062.JPG

狙いはこのサイズでなかったのですが、ナチュラルなローリングアクションに騙されてしまったのでしょう。
大型のメバルを釣ってみたいと思っていることは否定しませんが、小型でも釣れてくれれば嬉しいもので一生懸命写真を撮ってみました。
C19134.JPG こちらはグッドサイズ
 TOTO42を飲み込んでしまいそうなフッキングには驚かされました。カラーが分かりにくいのですが、ヒラメの定番カラーであるピンクキャンディー、今シーズンのニューカラーです。

 豊富なカラーバリエーションのテトラワークスシリーズ、実績カラー・信頼カラーはアングラーそれぞれだったりしますが、今年もニューカラーがラインアップに加わっていますのでホームページや店頭で確認してみて下さいね。

 ロッド  パームス ピンウィール PMGS86

 ルアー TOTO42
      YURAMEKI

P19114.JPG


TOP