TOPFIELD REPORT超久々に登場

超久々に登場

相羽 純一  

 猛烈な仕事の激務続き。

8月からほぼ休み無しの日々。

久々の更新ということで

このネタを!

発売になったばかりのレアリス シャッド62DR

DUOさんと契約のお話をしていた時に

DUOさんがレアリス シャッド59SR,MRを見せてくれた。

動きを見て天才系ルアーだな〜〜っと感じた。

そのことは頭から、今でも離れない。

そのこともあり、今年はかなりの数のバスをレアリス シャッド59SR&MRで釣ることができた。

(釣りに行ける回数が少ない割にシャッド率が高かった。)

その際、MRよりも深く潜るシャッド開発着手をお願いしたのだ。

担当者さんがそのことをしっかり覚えていたかが疑問に残るところだが

開発がスタートをして、テストを繰り返し見事11月発売。

 

そりゃ、天才59SR&MRの血を引いたシャッドであり

冬バス攻略レンジを探るのに最適なシャッドが晩秋発売に間に合ったことは

凄く大きい。

オカッパリは当たり前だが

琵琶湖のボートでの越冬寸前のウィードに付くバス、

ダム湖ミドルレンジをクルーズするバスにマッチングしたルアー。

サイズ的にもSR、MRよりも若干大きくなったがよりベイトフィネスにも

向いてきた感があります。

 

上:レアリス シャッド62DR

中:レアリス シャッド59MR

下:レアリス シャッド59SR

このシャッド3兄弟で、各季節、各レンジ、バスのコンディションに合わせた

ローテーションでより細かく攻略出来ますね!

 

遠投性能は59SR&MR譲りのカッ飛びシャッド。

野池の真ん中への遠投にも効果的で

冬バスの固まりやすい斜め護岸の沖のエッジにもより遠投性能から深度も合うため

冬バス攻略には欠かせない62DR。

しかも、カラーが15色発売とより細かいカラーセレクトを可能としています。

 

なかなか渋いカラーも投入されており

昔からバス釣りをしているアングラーには心をそそるものも入っています!

是非、年末までの2013年ラスト1ヶ月の釣りに投入して欲しいルアーです。

 

 

 

 


TOP