TOPFIELD REPORT11月のサーフ総括

11月のサーフ総括

堀田 光哉  

みなさん、こんにちは。堀田光哉です。
寒くなって参りましたが、いかがお過ごしでしょうか。
もうすぐ師走。
11月のことを忘れないうちにアップしておきます。

前半戦は茨城方面のサーフへ何度か足を運びました。
やはりファルクラムは期待を裏切りませんでした。

強い流れの離岸流本流の脇でヒットしましたが、
安定した泳ぎを見せるファルクラムだからこそ獲れた1枚でしょう。

茨城や千葉方面、九州、そして遠州灘等でファルクラムでの釣果報告は相次いでいます。
というわけで、その後の遠州灘での写真がコレです。

西からの爆風が吹く日でしたが、ワンド内を狙ってゲット。
爆風なので少し写真がブレてます(笑)
31gという自重なので、爆風の中でも使えるのがファルクラムの魅力です!

もちろん凪ぎの日も確実にヒラメを引っ張り出してくれます。

こちらは瀬の肩を狙って獲った1枚です。
アクシオンを使うか迷いましたが、潮位が高かったのでファルクラムを選択しました。

写真以外にも多数のヒラメを釣っていますが、印象深かったのがコレ。
こちらは茨城での釣果ですが、午後に入釣し、散々たたかれた離岸流から引っ張り出した一枚です。
ブラッディイワシという他社にはないカラーを使ってのヒットは、とても嬉しかったです。
やはり少し変わったカラーは釣れますね。

すでに座布団サイズの釣果も聞こえ始めていますが、これから年末に掛けては、さらにサイズアップ
したヒラメが狙える季節です。
寒さに負けず、サーフへ飛び出して行きましょう!

 


TOP