TOPFIELD REPORTビーチウォーカー ファルクラム実釣レポート

ビーチウォーカー ファルクラム実釣レポート

堀田 光哉  

こんにちは。堀田光哉です。
暑かった夏も終わり、少しずつ海水温が下がって来ています。
千葉以南はヒラメシーズンまでもう少しですね!

さて、この夏は10月中旬に発売となるファルクラムを持って、
何度か茨城サーフへ足を運びました。
タイプ的にファルクラムはヘビーシンキングミノー。
そう、ボクの考えるヒラメ釣りになくてはならないのがヘビーシンキングミノーなんです!

ポイントをあまり限定せずに使用できるのが特徴です。
離岸流狙いはもちろん、河口や瀬、ブレイクライン狙いと幅広く対応しますし、
沈めてからの”ただ巻き”でヒットに持ち込めるために、とても使い勝手が良いミノーです。
キャストすれば実感していただけるはずですが、とても良く飛びます。
場所によってはブレイクラインを2つ超えられます(あくまでも場所を選びます)

ご覧の通り、かなりアピールの強いカラーを用意してあります。
他にはないアピールをするカラーが、”普通のカラー”を見飽きたヒラメに良く効きます。
アクシオンで好評だったキラキラ系カラーはもちろんのこと、新パターンのホログラムを採用し、さらなる異なったアピールを開拓しています。

実釣では離岸流で使いたかったのですが、あいにく地形がダラダラでブレイクライン狙いに変更。
写真のような一見すると、とても釣れそうもない地形を攻めてみました。

少しだけブレイクラインが出っ張っている場所があったので、
ファルクラムを遠投し、着底からのただ巻きで攻めていたところ、開始30分であっさりとヒット。
以降、2時間で4発(ソゲ混じり)。
ファルクラムがすごいのか、ただ運が良かっただけなのか。
いずれにしてもファルクラムが結果を出してくれたことだけは間違いありません。


ややにごり気味だったため、キラキラピンクキャンディーをセレクトしました。
ヒラメゴールドとカラーセレクトを悩んだんですけどね(笑)
続いてソゲの大人。

?しばらくして50cmを軽く超えるヒラメがガツン!
わずか2時間強の釣りでしたが、楽しい釣行でした。

10月に入れば、房総や遠州灘でもヒラメが本格的に釣れ始めます。
個人的には遠州灘に通うシーズンが到来です。

いやはや、ファルクラムが優秀なヘビーシンキングミノーに仕上がった現在、
この秋シーズンが楽しみでなりません。
ファルクラム、かなりの戦力になりますよ!

?


TOP