TOPFIELD REPORT驚異のレアリス スピンベイト カラーセレクト

驚異のレアリス スピンベイト カラーセレクト

相羽 純一  

前回のGrade A World更新から月日が経ちすぎてしまいました。。。

楽しみに待ってくれている方々すみません・・・。

消費税増税の駆け込み?工事などで、これで東京オリンピックも決まり(おめでと〜〜〜!!)

建築系の仕事は忙しくなるばかりと思います。

結局8月もかろうじて1日の休みが取れたのみで

徹夜の仕事後の最新公開のLOCALITY STYLEロケも、みなさんから「顔が疲れてるね〜〜大丈夫??」っと

TELがあったほど・・。

でも、心配ご無用!!!!

9月も依然激務続きですが、元気の源の釣りのロケが2回入っているから

強制的にでも釣りに行くことが出来ます。

 

さて、LOCALITY STYLEでも活躍していて、巷のオカッパリアングラーの間でも

必殺ベイトとなりつつある レアリス スピンベイト60

 


 

これからの涼しくなってくる秋口から冬に掛けてのベイトフィッシュを

盛んに追い回す季節には、もっともっと威力を発揮するのがレアリス スピンベイト60

そこで、いくらレアリスプラグの定価も安く販売価格も安いとは言え

全色揃えるのは・・・、また全色揃えていても迷いが生じてしまう可能性もあるので

レアリス スピンベイト60の大まかなカラーセレクトを私なりに説明しましょう。

現在レアリス スピンベイト60はカタログ上で14色

全色使えとは言いません。

好きなカラーを自信を持ってキャストすることが釣果への第一歩と言うことは

間違いないとは思いますが

このGrade A Worldをお読みになって、初めて使用する方へのちょっとした

アドバイスになると良いと思います。

まずは天候が雨や曇りでのローライト時や水質がマッディの場合は

基本的にはルアーへ届く光量が少ないので少し目立つカラーをセレクトします。

上:マットブルーバックチャート

下:オチアユ

の様な見た目がはっきりしたカラーがオススメです。

 

お次はベイトフィッシュを追い回しているがシビアな場合は

 

 

上:子持ちワカサギ

下:オイカワ

の様な、いかにもベイトフィッシュですというナチュラルベイトフィッシュカラーを

セレクトしてやりましょう。

 

晴天&クリアウォーターではルアーへ届く光量も多いために

光を透かすカラーセレクトを私はしています。

上:フラッシュワカサギ

下:マットレモン

は晴天&クリアウォーターではある意味、最強カラーです。

特にマットレモンは見た目は派手さはありますが

基本的にはバスはルアーの下面からルアーを見るので背中のチャート部分が

光に溶け込みナチュラルカラーへと変わるのです。

LOCALITY STYLE vol.4でも爆釣したのはマットレモン。

あとは、バスの食性に訴えかけても何してもバイトが得られないときは

バスの「好奇心」へ訴えかけてバイトさせる事が可能なカラーが

上:フロリダクラッシュ

下:セクシーピンク

 

バスからしたら「これは何だ!!?」と思い手が無い分、口を使い確かめに来るので

バイトになってしまう。

それが、上の2色に秘められた力。

私は動画などで上に2色を使って釣っている写真や動画があったら

「どうにもならなかったんやな〜〜〜」っと考えてもらっても良いくらい

激タフに力を発揮してくれるお助け的カラ−。

 

これからに季節楽しみなレアリス スピンベイト60なので

是非フィールドコンディションなどによりカラーローテーションして

使ってみてください。

 

そしていよいよ発売が近くなってきましたレアリス Grade A 63プロトミノー

IMG_2348.jpg

カラーも全色サンプルもできあがり

ウロコ模様も完成し、量産体制に。

問題なければ来月中の秋の荒食いには間に合いそうです

発売時期も時期なので出荷数は少なくなってしまうとは思いますが

様々なシチュエーションにも使えるようなカラー決めをしました。

みなさん、Grade A 63ミノーを何卒宜しくお願いいたします。

 

 


TOP