TOPFIELD REPORT遠州灘サーフ ナイトゲーム

遠州灘サーフ ナイトゲーム

高木 孝  

 季節は夏

 デイゲーム中心にサーフゲームを楽しんでいた方も日差しと暑さが厳しいこれからの時期は、ナイトゲームに移行しようと考えている方も多いのではないでしょうか?

 釣りができる時が釣り日和と考えている私もその一人、暑さも寒さも嫌いですがロッドを振っているのが好きなためついつい水辺に立ってしまうのですが流石にこの時期のデイゲームは体力を消耗します(笑)

 サーフナイトゲームの主役といえばシーバス、しかし月に照らされた海面が鏡のように凪いでいるといった日は諦めモード、やはりシーバス狙いでは波が欲しいですね。
思うような天候にならないから釣りを止めて家でのんびりというのも悪くありませんが、折角の釣行日だけにターゲットを変えてみるというのはどうでしょうか?

 

 ヒットルアーは、デイゲームでのマゴチ狙いでも実績抜群のタイドバイブスコア

 カラーはフラッシングによるアピールよりも視認性を重視してゴーストギーゴを選んでみました。マゴチといえばデイゲームという印象が強いですが、ナイトゲーム特に月明かりや照明等の明かりがある状況ではルアーへの反応も上々です。
 デイゲーム同様に底を感じながらもリトリーブスピードはややスローに、ロッドをリフトさせての誘い幅もデイゲームに比べれば小刻みにを心掛けて反応を得ていますので是非試してみて下さい。

 暑さが厳しい夏を迎えますが、海況によってターゲットを変えてながらの夕涼み、ナイトサーフゲームを楽しんでみるつもりです。

 ロッド ショアガン106M+FLATFISH EDITION

 ルアー タイドバイブスコア 


TOP