TOPFIELD REPORT春のベイト その1 小バチ

春のベイト その1 小バチ

荻野 憲司  

東京湾の春の代表的なベイトと言えばバチ

 バチ.jpg

 

大きく分けると

1月くらい抜け始める「大バチ」と
ゴールデンウィークあたりにピークを迎える「小バチ」が存在する。
(地域によって異なるので、あくまでも横浜周辺の話)

今回の釣行でのメインベイトになっていたのは
動きが早く不規則に泳ぎ回る小バチ(通称 トリッキーバチ)

バチパターンのときは釣れるサイズを選べないのだが、
少しアプローチを変えれば、比較的良型を狙うことができる。

それは、常夜灯の光が途切れる暗がり

アップクロスにキャストし
流速よりも早めのリトリーブ

「上流から光に向かって流されながら泳ぐバチ」をイメージする。

 マット赤イソメ.jpg

マニック95(マット赤バチ)

 

マットチャート.jpg

マニック95(マットチャートキャンディー)

 

ブツ持ち.jpg

サイズは2本とも60アップとこの時期貴重なサイズが揃う。

が、必ず良型が釣れるかと言うと・・・

 

マメ.jpg

もちろんこんな子も喰ってきます(笑)

まもなくバチシーズン終盤
その前に一度お試しください。

 

こんなサイズだって出ますよ
 

 

90アップ.jpg

 

 

希に・・・汗


TOP