TOPFIELD REPORT低潮位時にこそ、アクシオン!

低潮位時にこそ、アクシオン!

堀田 光哉  

大型連休が終わりましたが、遠州灘や房総半島はヒラメが釣れ盛ったようですね。
ボクも連休後半に遠州灘へ釣行しました。
タイミング的に朝に潮位の低い時間を迎えるため、持ち込んだのがビーチウォーカーアクシオン。

深いポイントや高潮位時であれば、MDミノーやワームといった長時間深いレンジをキープできるルアーが有利と考えられます。

しかし潮位が低ければ、潜り込むルアーやワームではボトムを叩いてしまい、釣りにくくなってしまいます(コチ狙いなら別ですが)

ポイントは浅くなった離岸流や沖の瀬。そこでボトムを引きずりにくいアクシオン。

遠投力を生かして、浅くなった離岸流の出口や沖の瀬を攻略したところ、これがビンゴ!

遅い時間でしたが、6月に発売となるツレギスが活躍してくれました。

友人達も同様に遠くの瀬の肩を狙って、アクシオンで連発。

そう、潮位に合わせて使えば、アクシオンは応えてくれるのです!

いまさらですが、状況によって上手くルアーを使い分ければ釣果に繋がります。

座布団サイズも顔を出し始めた遠州灘。

潮位を意識し、ルアーを使い分ければ、これからきっと釣果が上乗せされるはずです。


TOP