TOPFIELD REPORTテトラワークス

テトラワークス

高木 孝  



 プラッギングで狙うメバル
今シーズンもテトラワークスシリーズが活躍中です。

 マイクロポッパーPOCOPOCOからジグミノーIKAKKOまで各レンジを狙うことができるラインアップと豊富なカラーバリエーションの中からポイントや好みに応じたルアーセレクトも魅力ですね。

 



 小型シンキングミノーTOTO42

着水後のカウントダウンでリトリーブレンジを決めてスローリトリーブ、ミノーならではのレンジキープ力を生かして足元までアピールできるのが特徴と感じています。
レンジを刻んでのスローリトリーブで反応を得られない時は、ストップ&ゴーやロッド操作でイレギュラーなアクションをさせた直後のフォールで反応を得ることが多いので試してみて下さい。



 新しくラインナップに加わったTOTO48

 TOTO42と同じシンキングタイプのミノーですがウエイトアップにより増した飛距離と扁平ボディーによるヒラ打ちはアピール力抜群でTOTO42のキャストエリアで反応を得られない時やリアクションへの反応が良い場合に多用しています。
ロッド操作を加えながらのファストリトリーブでもバランスを崩さない泳ぎはメッキやカマス等にも有効ですね。

 






 YURAMEKIにEBIKKO

 同じシンキングペンシルですが、シルエット以上に違うのは沈下速度とリトリーブレンジでしょうか。

 抜群の飛距離で沈下速度が速めのYURAMEKIは、範囲とレンジを広く探りたい状況で活躍してくれます。
水深のあるポイントで中層から底に居るメバルを狙うスタイルで高反応を得ていますが、水深のないポイントで油断しているとボトムにコンタクトしてしまうことも・・・・

そんな時は、EBIKKOの出番です。
沈下速度が遅いためスローリトリーブで表層をキープできるのが最大の魅力、岩礁帯や生い茂った海藻と海面の僅かな範囲を探ることができるため重宝しています。
  

タックル
ロッド ピンウィールPMGS 86
ルアー TOTO42・48
YURAMEKI
EBIKKO

 風が強く風裏となるポイントを探しながらのプラッギングゲーム
出来ればそよ風にさざ波といった状況で楽しみたいメバルゲームですが釣りができる日が釣り日和とポジティブに考えての釣行となりました。
プラッギングゲームといえば良型狙いといった感じもありますが、サイズ狙いの絶好期はこれからですね。
この日は、好奇心旺盛な小型メバルの反応を楽しみながらの一日となりましたがライトタックルを片手に休日を満喫するのも楽しいものです。

 


TOP