TOPFIELD REPORT五島

五島

field04  

 下五島まで足を伸ばしてみた。

10101301.jpeg

私のホームフィールドの上五島からは南西に約80キロ沖にあり
同じ長崎、五島でも交通便上、意外とかなり遠い場所にある。
逆に福岡の方が近かったりもする。
渡船では行った事があったものの、本島は今回が初上陸である。

天候とフィールドコンディションに合わせ、
ターゲットはヒラスズキとヒラマサである。

先ずは観光で島を一周。西岸ではベストなサラシでヒラスズキ
東岸ではヒラマサと自信があるタックルを準備しランガンした。
10101302.jpeg
西岸は、どこにキャストしても飛びしてきそうなサラシが広がっている。
私のホームには居ない「磯のダンプカー」と言われるタマン(ハマフエフキ)も
視野に入れ、何がヒットしても対応できるように太軸をセットした
ラフトレイル130を結んだ。
まだシーズンが始まっていないのか?狙っている場所が悪いのか?
ヒラスズキは無反応。
正直、鉄板だと思っていたヒラスズキにフラレてしまった。

10101303.jpeg

夕マズメに潮が当たっている磯へ入りヤズがヒットした。
シャローで沈み根点在する場所でリスキーであったが
かなり走られたが、なんとか手にする事ができた。

10101304.jpeg

翌日、起伏がありアプリーチが険しい磯へ入りヒラマサ狙い。
いきなり、1投目からヒラマサがヒットして、初めて経験する
糸鳴りで瀬際に沿って鋭くは走られる。
多少、締め過ぎたドラグで魚の引きに耐えるのが精一杯。
情けなく、何も出来ず根ズレでラインを飛ばされてしまう。
地形の把握、ファイトシミュレーションミスなどアウェイの難しさ
また、自分のスキルの無さを痛感した瞬間であった。

その後はヒラマサのチェイスが数回あったがヒットに至らず。
潮流が早くなったところで大型シイラがヒット。
激しいジャンプでフックアウトしたが楽しい1日であった。
 

最終日、フェリーの時間までの短時間勝負。
前日のヒラマサのリベンジと同じ場所へ。
余計なプレッシャーを避け、キャストはぜず
ヒットしたベストタイミングの潮をじっくり待ち。
ベストな潮が入ったところでキャスト開始。
「ズボッ!」という低音と大きな泡状の波紋。

ワンテンポ遅らせて力を入れ合わせを入れると
ルアーだけが海面に飛び出し、抜けてしまった。

 

10101306.jpeg

 

フェリーの時間も迫る中、残りの時間は激流を狙い。
良型シイラがヒットしロッドを曲げ感触を楽しんだ。

 

10101307.jpeg

 

シイラ特有のジャンプ、素早い方向転換など早い動きに対して
ロッドはティップからベリーにかけて素直に反応し
シイラの動きを止めXXHのパワーで簡単にねじ伏せた。
潮的にこれからと言う感じであったが、後ろ髪引かれる思いで
納竿してフェリーへ飛び乗り、下五島を後にした。

また近々リベンジしたい。

タックル
ヒラスズキ
ロッド;ブルービション103MH
リール;ステラ4000XG
ライン;キャストアウェイ2G システムリーダー50lb
ルアー;ラフトレイル130、VIB、タイドミノーSLDーS145

10101305.jpeg

ヒラマサ
ロッド;ブルービション103XXH、110XH
リール;ステラ10000XG
ライン;キャストアウェイ5G システムリーダー100lb
ルアー;タイドプールDP、ボラドール175Fなど

 

10101309.jpeg

10101308.jpeg

 


TOP